ぬむめ ブログ

趣味の記録や雑記ブログ

鼻くそほじろうとしたら鼻血でた的な話

f:id:numume:20210925233435j:plain

さきほど、猛烈に鼻の中がかゆくなり、ティッシュを使わずダイレクトに鼻をほじろうとした。というかほじった。

本来であれば、穴の中をほじって深いな箇所を刺激しかゆみが取れる予定だった。人間にはいくつか穴はあるが、鼻の穴は生命維持に必要な呼吸以外にもニオイを関知する大切な場所。かゆいなんてことはあってはいけない場所。しかしながら、直接鼻に指をつっこむのは世間的には問題がある。電車の中やコンビニなど、指で直接鼻をほじっている人がいたら、マナーの面で少し問題がある。決してあってはならない行為だ。でも、よく考えると結構というわけではないが、たまに見かける。鼻をほじっている人。カッコのよい行為ではないとわかっていても、かゆい時や巨大な鼻くそが呼吸を妨げている時など、体裁など気にしている場合ではない。一刻も早く障害を取り除きたい、そう思うのは誰もが思うことではないだろうか。そう考えると、無意識のうちに鼻をほじってしまう行為は、それほど悪いことではないのかもしれない。

私は、かゆみの障害を取り除くため、左手の人差し指を鼻の左穴に入れた。障害を排除するはずが、鼻を仕切る肉の部分に指が激しくヒットしてしまい、傷をつけ出血してしまった。

鼻の穴は、大抵2つある。左の穴は左手を使い、右の穴は右手でほじるが一般的だ。両方の穴を仕切っている箇所は、顔の皮膚とは違い繊細にできている。耳の穴は皮膚が延長しているようなさわり心地だ。耳の奥の方は鼓膜があるため危険地帯だが、耳の表面や指がはいる程度の穴の中は顔の皮膚とそれほどかわりはない。しかし鼻の仕切る部分は違う。ほんのりと湿り気があるほど弱い部分だ。そんなデリケートゾーンを指の爪が突き刺さる。血が出てしまったとしても当然の結果である。

出血といっても、子供が鼻血をブワーッと出す感じではなく、じわぁ~っと血が出てきた。そして痛い。でも病院行くほどでもない。

おそらく、子供が出す鼻血と私の鼻血では、カテゴリが違うのだろう。もしも鼻の穴にある壁を激しく負傷してブワーッと鼻血が出ていたのであれば、私は死んでいたかもしれない。小学生の頃、教室で鼻血を出す友達を見て「この血を献血に使えないだろうか」なんて考えたことがある。小学校で大量に放出される鼻血を世の中の血液不足に役立てる。なんと素晴らしい発想だろうか。でも、大人になって輸血に使う血液は鼻血ではダメだと知った。私はアホな小学生だった。

この文章を書いている間に血が止まったので寝ます。

以上、ぬむめでした。

手汗マンだった的な話

f:id:numume:20210924225424j:plain

ギターを弾いていた時、ふと思った。

「そういえば、ギターを始めたころは左手が滑らなかったな」

ということを。

大抵、右利きの人は、音程を決めるギターの細い棒の部分はネックと呼ばれ左手で握り、音を出すため弦を右手でピックというプラスチックの板か指で弾く。

さまざまな音程を弾くためには、ネックを握る左手を色んな場所に動かさなければならない。アコースティックギターの弾き語りのように、左手をあまり動かさず曲を弾くこともできるけれども、ネックを縦横無尽に弾く様はギターを弾き始める初心者には憧れだ。しかしながらそのように弾くには、かなりの練習が必要だ。

ネックの上を左手がニュルニュル動くためには抵抗は少ない方がいい。しっかり握れるようにと、滑り止めなどつけてしまっては、低い音から高い音へと指を移動させることができない。

わざわざ、滑り止めを塗りながらギターを弾く人はいないと思うが、滑りを悪くする要素が誰にでもある。それは汗だ。いわゆる手汗だ。私がギター弾くようになったころ、手汗により滑りが悪かった。おそらく当時の私は、手汗が多い方だったのかもしれない。

ギターを弾くようになり、自分の手汗がギターを弾く妨げであり、つるっとした手のひらに汗をかくことがとても嫌だった。それまでは、手汗なんて気にしたこともなかったのに。気になり始めたらとまらない。手に汗を感じたらタオルでふき、誰かにゲンコツする時も手をハーハー息をかけることがなくなり、手に汗にぎるアクション映画を見るのをやめ、初めてできた彼女とも手汗がつかないよういっさい手をつながなかった。

ギターを弾く時、手の滑らなさが気になり、ネックの滑りがよくなるスプレーを楽器屋さんで少ないお小遣いをやりくりしながら買ったこともある。期待に胸を弾ませ使ってみた。塗った直後は、確かに滑りはよくなる感じはするが、それを上回る手汗が出てくるだけで滑りがよくなることはなかった。当時のお小遣い事情を考えると、私の人生の中で買って後悔したベスト3入りした初めての商品だ。悔しさのあまりライターの火にふきかけてみると火炎放射器ばりの炎がでて面白かった。いざという時、身近なものが武器なると気がついた初めての品だった。滑りがよくなるスプレーは火炎放射器としてすべて使い切った。

そんな手汗マンだった私だったが、いつのまにかギターを弾く時に手汗をかかなくなった。なぜだか理由はわからない。気がついたらネックを持つ手の滑りがよくなっていた。おそらく、身体がギターを弾くことに最適化されたのだろう。進化論をあまり信じていない私だったが、肉体の進化という生命の神秘に触れた感じがした。

おっさんの今では、今の時期ハンドクリームは欠かせない。すぐに手の水分が失われていく。手のひらにクリームを塗ることはないが、手の甲はベタベタしているくらいがちょうどいい。おそらくこれを退化というのだろう。いや、老化か。

これからも歳を取って身体全体にハンドクリームを塗ることがないよう、毎日2リットルの水を飲んでいる。

以上ぬむめでした。

Macやめようかな的な話

f:id:numume:20210923225909j:plain

今までノートパソコンはMacを使ってきました。MacBookAirという機種なんですけどね。ものすごく評判の悪い2020年以前のモデルです。本体を薄くするためか、キーがスイッチのように沈み込みがなく不評の嵐で、キーストロークが少し多くリニューアルされました。

ですが、私は以前のキーボードが好きだったんですけどね。慣れというのは恐ろしいものです。不評であるはずのキータッチが私にとって近年で最強の打ちやすさでした。不評のわりに、私のような方は結構多いのではないでしょうか。

動画を作ったりなど、重たい作業ではWindowsを使っているのですけど、文字や数字の入力に関してはMacBook最強でした。なのに、ナゼMacやめようかなと私は思っているのでしょうか。

大きな理由は「スマホ最強なんじゃね?」という事に気がついてしまったことです。

スマホフリック入力も、PCのキーボード入力ほどではありませんが、予測変換を使ってかなり速く入力できます。今の中高生ほどではなににせよ、ある程度のスピードで入力できるようになってしまったおじさん。なによりも、強烈なのが【音声入力】が鬼のように使えること。MacBookでも音声入力できるんですけど、口元に近づけることができるスマホが楽なのはいうまでもありません。スマホなら、お布団の中で入力可能です。

昨今のアプリ事情を考えると、大抵の事はスマホでできてしまいます。もちろんPCでなければダメな作業もあるので、そのような時はPCを使い、普段の入力に関してはスマホで代用できるようになってしまったおじさん。

Youtubeなどクリエーター業界でもMac離れが進んでいるとかなんとか。動画のようにグラフィック処理能力が大切な場合、Windowsのほうが強かったりしますからね。Macで同じような処理をしようとすると、もの凄く高い機種を選ばなければならないため、コスパ的にもよくありません。あまり高額になると、経費で落としにくくなってしまうのも理由のひとつなのでしょうけどね。

かといって、Macが無くなるなんてことはないでしょう。Macでなければできない作業もまだあるでしょうし、スタバでドヤるためにMacは重要。デザインの美しさはWindwosPCではかないませんからね。金属のボディで無駄のない作りは素晴らしい。そのかわりに、最新のWindowsノートPCに比べ重いのが残念ポイントですが。

Macは高い」のはみなさんご存じでしょうけど、意外とそうでもないんですよね。中古のMacを調べるとわかるのですけど、年式や性能の割に高値で取引されています。売却すること前提に購入するのであれば、年間コストは思ったより低いんですよね。ドヤれるし。

完全にスマホに移行するには、もう少し色々環境を整えなければならないので、少し考えてみます。ドヤれなくなる。スタバほとんど行かないですけど。

以上、ぬむめでした。

謎のコバエが倒せない的な話

f:id:numume:20210922224239j:plain

いったいどこから侵入してくるのでしょうか。

謎のハエが1匹部屋の中にいて、ものすごく気になります。窓を開けても網戸をつけていますし、玄関のドアを開きっぱなししてるなど一切ありません。不潔にして排水溝とかから繁殖しているということもなく、腐ったパンや生ゴミがあるわけでもない。どこから来たのかまったくの不明

ハエといってもコバエとでもいうのでしょうか。マジマジとその姿を見たことはありませんが、全長5ミリにもみたいない小さなハエ。普通サイズのハエはどんな姿かわかるのですが、問題のハエは小さすぎて、もはやハエなのか他の昆虫なのかわかりません。おそらくコバエなのでしょう。

見つけても小さすぎるためか、私の目が老化しているせいか、すぐに見失ってしまいます。私は虫がものすごく苦手です。キモイです。ですが、できる限り殺したくはない。できることならば、大自然の中に無事帰って欲しい。窓を開けて自分から出て行ってくれるなら追いかけたりしないし、ましてや害を与えるなんて考えもしません。窓の近くに虫がいる時は、窓を開け外にでるよう雑誌や新聞紙をブンブン振り回しますが、問題のハエは窓際に近寄らない。

「もう殺すしかない」

そう考えるのは仕方がない。できれば殺したくない。外にでて鳥のエサになり生態系の一部になって欲しい。私の思いとは裏腹に自由に飛び回る。そしてワープしたように消える。もう戦うしかない。でも姿が見えない。見えなければ倒せない。忘れた頃にまたでてくる。これは私への挑戦かもしれない。やるかやられるか、そんな命のやりとりが映画やテレビではなく、現実に起きていることに驚いています。やはり、やられる前に殺すしかない。

人間界の世界でも、非人道的な兵器は国際条約で禁止されています。いわゆる大量虐殺兵器や生物兵器など残忍性の高い兵器は人類の的です。昆虫たちにとって、殺虫剤はそれに該当すると考えています。人道的、いや、虫道的に反している。散布型の殺虫剤をまけば倒せるかもしれません。ですが、人間世界では爆弾を落としたのと一緒です。殺虫スプレーを当てれば、ほぼ確実に死ぬでしょう。これは銃を撃つのと一緒です。置き型タイプのコバエホイホイみたいな品は地雷と一緒。1対1の決闘において、どれも卑怯な行為でしかありません。私はそんな人間にはなりたくありません。できれば、ティッシュでやさしくつつみ、苦痛を味わうことなく即死させてあげたい。そしてトイレに流して母なる海へ帰って欲しい。それが命を奪うことに対する礼儀ではないでしょうか。

なんてことを考えながら、コバエが目の前に現れるのを待っています。

以上、ぬむめでした。

ジョジョのアニメを毎日1話ずつ見るけどトラウマシーンがありそうで怖い的な話

f:id:numume:20210921190924j:plain

ジョジョの奇妙な冒険』シリーズ、面白いですよね。

若かった頃、単行本で第4部くらいまではしっかりと読んでいたのですが、それ以降は読まなくなっていました。理由は飽きたというかなんというか、長期連載ものは年齢とともに「もういいや」的な何かが湧き出てくるものではないでしょうか。

長編ものの代名詞といえば、ワンピースは今も人気ですよね。私は一切アニメや漫画を読んだことないのですけど、ワンピース関連のフィギュアは原作に忠実な作りで、原作を知らないけど思わず欲しくなったりします。ゴルゴ13も長寿漫画のようのうですが、フィギュアはまったくいらないです。部屋にあったら狙われそうで怖いです。やはり部屋に置くならカワイイ女の子キャラがいい。

ジョジョシリーズに関しては、絵柄が嫌いな人もいるでしょうけど、血がでたりキモイ描写が大丈夫な方であれば面白いことは間違いないでしょう。そうなんです、面白いんですよね。ですが、見るのにパワーを使うというか「さぁ見るぞ!」みたいな意気込みがいるというか。ダラーッと流し見ではなくガッツリみちゃうんですよね。これがまた疲れる。見るためには心の準備が必要。サザエさんちびまる子ちゃんをキアイ入れて見る人は少ないでしょう。リラックスして見ることができます。「明日月曜か」という現実が精神的に襲いかかってくることはありますが、ジョジョシリーズのように、見ていて疲れるなんてことはありません。同じ本でも技術書とファッション雑誌くらい違う。見るためのキアイが別次元です。できる限り疲れないように生きている私には、ジョジョシリーズを見ることは覚悟がいることなのです。

試聴に体力が必要なため、私には一気に全話見ることはできません。たぶん死にます。目から血が出ると思います。なので、毎日1~2話ずつ見始めました、今やっと第3話。面白いんですけどね。うん、普通に面白い。ですが、キモイ描写があるのが問題。私はホラーオカルト大好きなので死体やお化け耐性は完璧なのですけど、今までみたジョジョシリーズでトラウマになったシーンが3つほどあり、また見始めたことで新たなトラウマが生まれないか心配。

3つのトラウマシーンですが、ジョジョ好きであれば大抵はご存じのシーン。1つめは花京院典明がサクランボをレロレロするシーン。2つめは岸部露伴がクモをなめるシーン。3つめはブチャラティジョジョの顔をなめるシーン。そのシーンも見たとき全身に悪寒が走り身体が震えました。キモすぎる。偶然すべて何かを「なめる」シーンなので、大丈夫な人はまったく大丈夫なんでしょうけど、私にはハードルが高すぎました。キモすぎる。ですが、そういったキモイと感じさせる部分の作品の面白さなのでしょうね。私がトラウマになるほど強烈な印象を残しています。人の記憶に残る作品は、名作と言えるのではないでしょうか。

今日も1~2話見ます。レロレロシーンがないことに期待。

以上、ぬむめでした。