ぬむめ ブログ

趣味の記録や雑記ブログ

愛する娘の高校生最後の卒業式を見ることができなかったコロナウィルスのせいで的な話

f:id:numume:20170505124556j:plain

私が忘れないうちに書いておきたいことがある。

私が小学校に通っていた数十年前、母と父が運動会を見に来てくれた。低学年の頃は、体の悪いおばあちゃんまで無理をしてわざわざ学校まで足を運び、私を応援してくれた。学習発表会や参観日なども同様だ。

私が中学に上がると思春期というのだろうか、親が学校に私の姿を見に来ることが恥ずかしく思え、来ないようにお願いした記憶がある。そもそも、小学校と違い、親が子供の姿を見るイベント自体が少ないのだ。唯一、母親が見に来たのは卒業式だ。「来なくてもいいよ」と私は言ったはずだが、そんなわけにはいかないと、両親にしっかりと卒業を見届けられた。

小学生の時とは違い、子供と両親の距離を取りがちな中高だが、それでも卒業式には行き、子供の晴れ姿を見たいと思うのが親心なのだろう、私にはその思いがよくわかる。それは私の娘に対して同じように想うからだ。

娘の卒業式がコロナウイルスにより、予定の日程よりも1日延期され、親族の参加はできないばかりか、在校生による見送りもなく、卒業する3年生だけで式が行われた。

たしかに、コロナウイルスの感染拡大を防ぐという理由はわかる。実際、卒業式の日は北海道知事より『緊急事態宣言』がされており、小中学校は休校になっていた。だが、卒業式に親がいけないというのは、あまりにも悲しすぎる。

「生徒の親は納得いくのだろうか?」と想いつつ、卒業式を終えた娘に式の様子を聞くと、少なからず、生徒の保護者が何人か来ていたようだ。ルール違反にはなるが、先生のみなさんも入場を強く拒否するわけにはいかなかったのだろうと想像がつく。

「それならば私も無理矢理にでも行けば良かった」と後悔しないわけではないが、複雑な気持ちになった。それは『ルール』を守るべきなのか、それとも『それを破ってでも娘の晴れ姿を見届ける』べきだったのか。私は卒業式に参加していないのだから、ルールを守っている。しかし、心の中ではルールを破るべきだったと考える自分がいる。でも、もう二度と娘の高校卒業式に行くことはできないし、どうすることもできない。

コロナウイルスによる影響は日本だけではなく、世界各国で問題となっている。体調を崩したり、命を落とす方もいるので、それにくらべれば卒業式に行けないなんてことは些細な問題かもしれない。だが、自分の子どもの卒業式を間近で観れなかった両親の方々は、私も含めとても悲しい思いをしたのではないだろうか。そう思い人生を後悔しないためにも、学校に無理を言ってでも卒業式を見届けた親族が少なからずいたのではないだろうか。

そして私は「どうすればよかったのだろうか」と、今も考えている。

終わりに

卒業式用に新しいスーツ買わなくて良かった/(^o^)\

以上、ぬむめでした。

記事にするほどの事じゃない日常をまとめて33

今年は閏年のため、2月を1日多く過ごせて、ちょっと得した気分のぬむめさんです。

コロナウイルスの影響で、マスクが売っていないのはわかります。もうそろそろ花粉症の季節ですしね、しかたがありません。ですが、トイレットペーパーやティッシュが買えないのは意味がわからな~い/(^o^)\

ちかくのドラッグストアやスーパーなど、すべて紙類売り切れでした。おトイレはどうすればいいのでしょうか、超困ります。

雪まつりに行ってきた

今年の雪まつりは、コロナウイルスの影響か、海外からの観光客が少なめでしたが、日本の方がたくさんで賑わっていました。

去年にもましてアニメ精力が幅をきかせています。

初音ミクさんを筆頭に、なんだかわからないアニメのブースもあり、ぬむめさんは時代にまったくついて行けません。

f:id:numume:20200208183422j:plain

初音ミクさんの雪像となにかの催し

人が多すぎてまったく観れませんでした/(^o^)\

ライブのようなものをやっており、開演のタイミングまで待とうかと思ったのですが、あまりにも寒すぎて断念で娘ちゃん涙目。

f:id:numume:20200208183712j:plain

がんばって前の方に行って撮りましたが、上手に撮影できませんでした。

f:id:numume:20200208183542j:plain

その横にあった謎の雪像は、人が少なくサックリ撮影できました。これはなんなのでしょうか?

f:id:numume:20200208184635j:plain

ONちゃん

f:id:numume:20200208185348j:plain

謎のアニメっぽいブース

f:id:numume:20200208185319j:plain

娘ちゃんはなんとなく知っていたみたいなんですが、私は何かまったくわかりません。若い女性の方々が写真撮りまくっていました。

f:id:numume:20200208185423j:plain

なぜ太田胃散が/(^o^)\

手前が滑り台になっており、小さいお子様がスベってました。

f:id:numume:20200208190033j:plain

喫煙所

壁がすべて氷でできてます。でも中はちょこっとだけ暖かいです。

f:id:numume:20200208190340j:plain

行った日はかなり寒く、マイナス8度という極寒祭り。

f:id:numume:20200208191332j:plain

ジャンプするイベントもやってましたが、人の多さと寒さから即退散/(^o^)\

雪像(ステージがある大きな雪像)付近は人でごった返しており、少し怖いので遠目から見てきました。今年は雪不足で、心なしか雪像の数も例年よりスケールダウンしたような感じがしました。雪は少なくていいのですが、例年よりずばっと寒い冬でした、今も冬ですけど。

絵を描きました(娘が)

f:id:numume:20200302065916j:plain

娘ちゃんは「らくがき少女」

終わりに

今年はオリンピックのマラソンが札幌にくることもあり楽しみにしていたのですが、コロナウイルスの影響でオリンピックはどうなるんですかね?ニュースの感染者報道などを観ると、人混みに行くのを避けてしまいます。一刻も早く収まってくれることと、体調を崩した方の回復を祈りつつ、雪解けを待ちたいと思います。

以上、ぬむめでした。

記事にするほどの事じゃない日常をまとめて32

とうとう本が読めない苦痛に耐えかね、老眼鏡を買ってしまいました。

メガネを使い始めると、どんどん視力が落ちていくという伝説を聞いてから視力が落ちてきてもかけないようにしてきたのですけど、もう限界です。

ぬむめさん、お化けに遭遇しそうになる

数日前、お風呂に入っていたらドアを「ドンドンドン」と3回ノックされました。

娘ちゃんが来たのかな?と思い

「どうしたの?」

と声をかけるが返事がありません。

不思議に思い、風呂場のドアを開けたところ誰もいませ~ん/(^o^)\

ということがありました。

お風呂をあがってから、娘ちゃんとママちゃんに聞いたのですが二人ともお風呂場に来ておらずノックなどもしておりません。

娘ちゃんとママちゃんは、お化けやオカルトの類いはまったくダメで、自分も怖くなっちゃうようなイタズラはしないと思うんですよ。いったい誰がドアをノックしたのでしょうか。

私はオカルト系は大好きですが、お化けはまったく怖くありません。お墓とかでも平気で寝れちゃうタイプです。生きている人間さんのほうがよほど怖いですよね。

大通り公園にお散歩してきました

f:id:numume:20200124044023j:plain

街中にでる用事があり、寒いですが少しお散歩してきました。

大通り公園では『雪まつり』の準備をしており、中に入ることはできませんでしたが、雪像を作る様子を遠くから見ることができました。

今年は記録的な雪不足。ここ2~3日で30cmほど積もりましたが、それでも雪がとても少ない札幌。雪まつりに使う雪も不足していると思いますので、雪像を作るのも大変そうです。

ちなみに、雪像に使う雪は大通り公園に積もった雪を使うわけではなく、市内や郊外から雪を運んで作るそうです。街中の雪は排気ガスなどで汚れていますからね。

f:id:numume:20200124044038j:plain

絵を描きました(娘が)

f:id:numume:20200124044052j:plain

f:id:numume:20200124044102j:plain

わが家では『さっぽろたん』がプチブームです。

ビックカメラの店舗を擬人化したキャラクター『ビッカメ娘』というのがありまして、店舗に等身大パネル?が設置され、さまざまなコーナーで店舗ごとのイラストを見ることができます。

キャラクターに特色があり、地域ごとに顔も違いますので好みが分かれるところですね。私と娘ちゃんはもちろん「さっぽろたん」が1番のお気に入りです。

終わりに

今日生まれて初めてサイゼリヤで『でんでん虫』を食べました。ツブ貝みたいな味がするんですね、知りませんでした。でももういらないかな/(^o^)\

以上、ぬむめでした。

記事にするほどの事じゃない日常をまとめて31

あけましておめでとうございます

あっというまにオリンピックがある2020年になってしまいました。

良かったんだか、悪かったんだか、よくわからない昨年でしたが、こうしてブログを書くことができる健康な身体が今あるということに感謝しつつ、今年1年を過ごしていきたいと思っております。

強烈に雪が少ない、でも寒い

f:id:numume:20200105183805j:plain

(画像は路面電車の線路を除雪する車両『ササラ電車』)

私は北海道の札幌に住んでいますが、今シーズンの冬は雪が強烈に少ないです。

クリスマスには積雪ゼロという、私が生まれてから体験したことのない雪の少なさです。玄関や敷地内を「雪かき」しなくても良いので、私自身積雪に関してはどうでもいいといえばそうなのですけど、ここまで雪が少ないと心配になってしまいます。

雪が少ないからといって、暖かいわけではありません。朝晩の冷え込みは強烈で、むしろ例年より寒いのではないか?と思ってしまうほど。雪が少ないと歩きやすくてとても快適なのですが、スキー場や除雪に関わるお仕事の方々には厳しい1年になると思うと、手放しで喜べないのが道民の現状なのかもしれません。

今年の『ミク電』さん

f:id:numume:20200105183705j:plain

今年も走っています。札幌名物の痛電『雪ミク電車』

ちょこちょこ走っているのを見かけるのですけど、写真を撮ろうとするとまったく出会えません。運行時刻が決まっているので、調べれば容易く写真を撮ることができますが、調べて出向いてまで写真を撮ろうと思わない程度の存在です。

ボーカロイドYoutubeなどを見ると、以前までは「初音ミクさんが歌い、踊る」だったのが、歌のみ初音ミクさんで、踊っているのは初音ミクさん以外のキャラクターが多くなってきました。もう世間に飽きられてしまっているのでしょうか。私は影ながら応援しております。

f:id:numume:20200105183722j:plain

絵を描きました(娘が)

f:id:numume:20200105183734j:plain

娘ちゃんは、人生の岐路に立っています。

絵を描いている場合ではないのでしょうか/(^o^)\

終わりに

今年の冬は例年より寒いので、来年から本気出すことにします。

以上、ぬむめでした。

記事にするほどの事じゃない日常をまとめて30

気がついたら紅葉も終わりかけ。

1年あっという間ですね。全国的に気温も下がっていく季節ですので体調管理には十分お気をつけ下さい。

ぬむめさんは今年1度も風邪をひいておりません。若いときはよく風邪を引きましたが、歳を取るたびに身体が丈夫になっていっているのかもしれません。

今年もオータムフェスト行ってきました

毎年秋に行われている『オータムフェスト』に今年も行ってきました。

大通公園で秋の味覚を楽しめる食イベントなのですが、札幌のシンボルとも言える『テレビ塔』に突如として現れたバンジージャンプ台が/(^o^)\

f:id:numume:20191030071051j:plain

f:id:numume:20191030071120j:plain

ママちゃんに飛んでもらおうと思いましたが、ママちゃんは高所恐怖症。娘ちゃんは飛びたがっていましたけど怪我など怖いので説得し、あとでアイスクリームを買うことを条件にあきらめてもらいました。

そして、今回のお目当てはこのお店。

f:id:numume:20191030071137j:plain

牛肉とトリュフ丼!

おいしい牛肉とドンブリのコラボレーションが実現!(あれ?それって牛丼?)おまけにトリュフまでのっているという豪華な丼です。

f:id:numume:20191030071419j:plain

この『かつお節』のような物がトリュフなのでしょうか?

娘ちゃんは謎の黒いハンバーガ

f:id:numume:20191030071444j:plain

黒いですね。味は見た目とは違い、普通の(超おいしい)ハンバーガーだそうです。

内緒の話ですが、翌日娘ちゃんは黒いう○こが出たそうです…。

紅葉がもう終わりかけ

10月に入り、急に寒くなったと思ったら紅葉シーズンも終わりかけ。急いで近所の公園に紅葉を見に行ってきました。

f:id:numume:20191030071506j:plain

f:id:numume:20191030071519j:plain

思ったほど紅葉感はありませんでした。北海道大学に行けば良かったと後悔しております\(^o^)/

来年から本気出します。

絵を描きました(娘が)

f:id:numume:20191030071600j:plain

これはいったい誰なんでしょうか/(^o^)\

謎が深まります。

それより勉強してくださいおねがいします。

終わりに

「冷蔵庫にプリンがある、やったぜ!」喜びながら取り出したら豆腐でした。

以上、ぬむめでした。

記事にするほどの事じゃない日常をまとめて29

アホな猛暑も終わり、やっと涼しくなりました北海道さん。

みなさん体調など崩していないでしょうか?夏風邪はダメージが大きいので気をつけてくださいね。

久々に図書館に行ったら老人ホームになっていた

f:id:numume:20190811171633j:plain

どうしても図書館に行かないとわからないことがあり、近くの図書館に散歩がてら行ってきました。

午前中に行ったのですが、来ている人が私よりかなりご年配の方々。

ここは老人ホームかよ/(^o^)\

という状態でした。

たしかに、本はたくさんあるし、涼しいし、椅子はあるし、無料だしと、とても素敵な場所なんですけど、中にはスマホ老人やお昼寝老人など、図書館には関係の無い方々も多くいらっしゃいました。

時間を持て余したご年配の方々には夢のような施設ですよね、市や国でやっている図書館って。たくさん稼いで有り余る財産の中から、余暇を楽しむ方も多くいらっしゃるのでしょうけど、これからの若者が抱える年金問題を考えると、少し複雑な気持ちになりました。

そういえば、私も老人一歩手前なのか、マジかよ/(^o^)\

桃にぬむめさん以外ヤラれる

f:id:numume:20190811171647j:plain

ママちゃんがネット通販で「桃」を買いました。

ぬむめさんは桃があまり好きではないので食べませんでしたが、ママちゃん娘ちゃんは「何これオイシイ!」でバクバク食べまくり。

数時間後、激しい下痢に襲われるママちゃんと娘ちゃん。

桃は食べ過ぎると、おポンポンペインになるんですかね、ぬむめさんは食べていないのでわかりません。

絵を描きました(娘が)

f:id:numume:20190811171659j:plain

もう、何の絵だかわかりません/(^o^)\

娘ちゃんは昨日、話題の『天気の子』を観に、お友達と映画館へ行ってきました。なぜが激おこで「金儲けかよ!」という言葉が印象に残ってます。

ぬむめさんは見る予定はありません。

終わりに

息を吐きながら「ハンターチャンス」というと、年配の方は喜びます。

以上、ぬむめでした。

記事にするほどの事じゃない日常をまとめて28

以前までは、コンビニで買い物をするときカード払いをしていたのですけど、スマホ決済に変えました。小銭やカードを持たず、スマホだけを持ちお散歩に行けるので超便利!

と思っていたら、スマホのバッテリーが切れて買い物できませんでした。

暑すぎる

f:id:numume:20190730133552j:plain

【画像はジャングルっぽいですが、札幌にある赤レンガ道庁の池】

以前、北海道が日本で1番暑いという異常気象があってから、毎日涼しく、夜には寒いくらいの気温が続いていた札幌ですが、とうとう『真夏』が来ちゃいました。

本日の予想最高気温33度/(^o^)\

ここはロシアや北極に近い北海道ですよ?

今年こそエアコン買ってしまいそうな気がしますが、注文して取付が終わる頃には涼しくなってそう。今年も扇風機で我慢することにします。今年も地球に勝利できるようがんばります。

花火大会

f:id:numume:20190730133734j:plain

ここ数年、花火大会は雨が降ります。

今年も例外なく、本降りではありまんが、小雨が混じる開催となりました。

「濡れた犬」はクサイの代名詞ですが、「雨に濡れた浴衣」もかなりものですよね。文字にするとセクシーな雰囲気がありますが、臭いに関してはかなり厳しい物があります。

ほとんどの方が、年に数回しか着ることがない浴衣ですのでしかたがありませんね。クリーニングに出したとしても、雨濡れた浴衣はファブリーズを貫通するほどの臭いを発生します。

香水もいいですが、浴衣にはせっけんなどナチュラルな香りが似合います。ですが、雨はそれをすべて台無しにします。来年に期待しましょう。

絵を描きました(娘が)

f:id:numume:20190730133752j:plain

めぐみん』さんです。

原作はカワイイのに、アニメ版はそうでもないですよね。

『この素晴らしい世界に祝福を』というアニメ?ラノベ?に出てくるキャラクターです。アニメを1度見たはずなのに、内容がまったく思い出せません/(^o^)\

終わりに

「ギザギザ100円みつけたラッキー!」と思ったら、ぜんぶギザギザでした。

以上、ぬむめでした。

記事にするほどの事じゃない日常をまとめて27

みなさんスカイダイビングやっていますか?

スカイダイビングとは、飛行機やヘリコプターに乗り、高度数千メートルからパラシュートをつけて飛び降りるスポーツです。

重力に任せて飛び降りるだけですが、空気抵抗により「空を飛んでいる」間隔が1分程度味わうことができます。

危険と思われがちですが、実際には近所を散歩する方がよほど危険です。交通事故による死亡またや重傷の確率に比べると、スカイダイビングによる事故は、比較にならないほど安全といえます。

「空を飛べる鳥は、こんなにも素晴らしい体験をしているのか」

と、実感できるスカイダイビング。まだ未体験の方はチャレンジしてみてはどうでしょうか?

ぬむめさんはスカイダイビングを1度もやったことありませんし、なんだか危なそうなので、やってみたいとも思いません。ドラマや映画でパラシュートが開かないというのを何度も見ています。これからもスカイダイビングは死ぬまでやることはありません/(^o^)\

ラーメン食べてきた

最近はご無沙汰していましたが、ちょこちょこお邪魔させていただくお店『らーめん 醤家(ひしおや)』さんです。

f:id:numume:20190723142857j:plain

ぬむめさんは醤油ラーメン、ままちゃんはオススメの品を注文。

醤油らーめん

f:id:numume:20190723142907j:plain

名前は不明の味噌らーめん

f:id:numume:20190723142920j:plain

味噌の方は、お昼の情報番組で紹介されたそうで、人気メニューだそうです。しょうがの風味が爆発していました。

『醤家(ひしおや』さんは、数あるラーメン店の中でもトップクラスの味だと思うのですけど、他の有名店の影に隠れてしまっている感じがします。

尖った特徴はありませんが、何度行っても飽きない味です。

新しいラーメン店だと、行く度に味が変わっていたり、作る人によっても変わるなど、安定しない場合が多いですからね。「なんだか前に来たときと味が違う」っていうこと、よくありますよね。

『醤家(ひしおや』さんは、年配の方がいつも調理しているのですけど、1度その方以外の方の調理を食べたことがあります。やっぱり味が違っていました(いつもよりおいしくなかった)。ラーメンは『お店』よりも『人』なのかもしれません。

絵を描きました(娘が)

f:id:numume:20190723142933j:plain

意味がわからないよ/(^o^)\

娘ちゃんは最近、紙に絵を描いています。

終わりに

鼻をほじったら鼻血がでました。

以上、ぬむめでした。

『空気を読む・読めない(KY)』から『忖度』という言葉に置き換わる日本はネクストステージ的な話

f:id:numume:20190719032807j:plain

平成時代には「空気を読む」や「空気を読まない」など『KY(空気を読め)』の略称が世間に浸透しました。しかしながら、令和の時代になった今では「忖度(そんたく)」という言葉に置きかわった感じがします。

忖度の意味

「忖度」の意味を調べると、

忖度とは、他人の気持をおしはかること。

と、あります。

ようするに、他人の気持ちを考えて発言することです。

「KY」とは、『空気(K)が読めない(Y)』という意味合いです。

これは「私は大気中に含まれる酸素濃度がわかりません」と言っているのではありません。『その場の空気(雰囲気)をくみとる』という意味あいです。

両者はニュアンスの違いはあれど、同様の意味合いといえます。

「いい回し」の移り変わり

平成末期、日本の景気はすでに落ち込んでおり、令和の時代には景気を回復するどころか、収入を増やすための副業を政府が推奨することが議論される世の中です。

そういった背景から「KY」から「忖度」という言葉に変わっていったと考えられます。平成の中頃には、下のように言われていました。

「ウェーイ、取引先にKYで超チョベリバ!オラィッオラィッ」

しかしながら、昨今では下のような表現です。

「取引先に忖度したことが問題に発展した」

たしかに、後者の方が尊厳のある丁重な言い回しに感じる方が多いと思います。

では、なぜ言い回しが時代とともに変化したのでしょうか。

なぜ変わったのか

時代ともに「言葉」も変わっていきます。

事実、昭和の時代に挨拶で頻繁に使われていた言い回しで、

「拙者は○○でござる、ニンニン」

があります。このような言い回しは、令和の時代では使いません。

「私の名前は○○です、よろしくおねがいします」

と言うのが現在では一般的です。

そのほかの例として、「忖度」が頻繁に使われる以前は、

「KYすぎて激おこプンプン丸」

と言われていました。

しかしながら、現在では、

「忖度があったと言わざるを得ない」

と言われます。

このように、昔に比べると現在は『堅い表現』が使われていることがわかります。このように、時代とともに言葉は変化していくのが「世の常」というものです。

こうした表現方法の変化をみると、令和の時代には、「より慎重に生きなければならない」ことを言葉の変化が表しているのではないでしょうか。

注意深く生きなければならない世の中

なにかと暗いニュースが多い昨今では、「はじけた表現」が少なくなっているのかもしれません。高齢化社会や年金2千万円問題など、日本は今後も問題は山積みです。したがって、先を見据えた「より慎重な行動」が求められます。「忖度」という言葉が多く使われている時代の変化と同様に、私たちの生活も変化することが求められる時代なのかもしれません。

「変化に対応し、慎重に世の中を見極め、忖度なしに生きていく」

ことを心がけたいものです。

終わりに

「忖度」と「ポンタ君」って

似てるよね(・v・*

以上、ぬむめでした。

この季節になると「人間は宇宙から来たのではないか」と思う的な話

f:id:numume:20190715222031j:plain

日本では「人間は微生物から進化した」と進化論が信じられている。我々の子孫は微生物だと。キリスト教が盛んな国では創造論こそ人間の本質だとの意見もある。

これらのことは、今後科学がより一層進歩することで解決する問題かもしれないが、はたしてそうなのだろうか?

私は「両者とも間違っているのではないか?」と、毎年夏の季節になると思うことがある。そう、我々は『宇宙』からやってきたのではないかと。

私がそう思う理由が『扇風機』という存在だ。夏になると大活躍の扇風機だが、子供は扇風機にこう話しかける。

「ワレワレハ、ウチュウジンダ」

と。

「私」ではなく「我々」と言うのである。

事実、私の兄の息子、私の娘でさえそう言ったのだ。兄の息子はテレビなどで何かの情報を得た可能性があるが、我が家にはテレビがない。

これはDNAレベルで人類が宇宙から来たというメッセージではなかろうか。なぜ「私」ではなく「我々」なのだろうか。これは扇風機を通じて全宇宙から地球に向けたメッセージかもしれない。

扇風機を見るたびに思う。

「ワレワレハ、ウチュウジンダ」と。

終わりに

私は創造論派です/(^o^)\

以上、ぬむめでした。