ぬむめ ブログ

趣味の記録や雑記ブログ

お風呂に入ったら汗をかいてまたシャワーに行く無限ループ的な話

暑くなってきました。つい最近まで冬だと思っていたら夏ですね。日本全国的に梅雨シーズンですので、ジメッとした季節ですね。少しくらい暑くてもいいから、カラッとした気候の地域に引っ越したい。

私は北海道に住んでいるのですけど、本来であれば北海道に梅雨はないはずなのです。夏も過ごしやすいというのが北海道のいいところなはず。そのかわり冬は極寒で暖房をつけないと死ぬレベル。寒いおかげで北海道以南で問題となるゴキなんちゃらみたいな生物がいないのも素敵。道民はゴキなんちゃらを見たことがない人が多いのではないでしょうか。おそらく、北海道の冬を越えることができないのが原因でしょう。虫嫌いの私には、北海道の冬の寒さはかなりのメリットです。

なのに、ここ数年はジメッとしており「これは北海道にも梅雨がやってきたのではなか?」と思うほどジメッとしています。気候変動のせいなのか、それとも他に原因があるのか。

私が「こんなの北海道じゃない!」と騒いだところでどうこうなる問題でもありません。ジメッとした季節がすぎてくれることを待つしかありません。クレームを入れようにも、どこに電話して良いのかわかりませんし、地球に話しかけてたとしても返答してくれたことがありません。やはり耐えるしかありません。

ジメッとする汗をかきます。そうなると、お風呂に入ってすっきりしようと思いますよね。ですが、お風呂から上がっても湿度が高いため汗をかく。汗をかくと気持ち悪いのでシャワーを浴びる。シャワーから上がってさっぱりしても、また湿度が高いので汗をかきそしてシャワーへ。無限ループとなります。もう、お風呂の中で生活した方がよいレベル。でもお風呂は水場なのでジメッとしている。一体私はどうすればよいのでしょうか。

汗をかいてしまうのがわかていても、やっぱりお風呂にお湯を入れて入りたい。でも汗だくになってしまう。シャワーで済ますほうがマシでしょうけど、汗をかくくらい暑い日のお風呂もまた格別。風呂上がりのビールもおいしいですしね。それでも汗だく。牛丼屋の「つゆだく」なら許せるが、汗だくなのは許せない。やっぱり牛丼の「つゆだく」も遠慮しておきます。普通の牛丼が好きです。

それでもお風呂に入りたいので入ってしまう。そして、何度もお風呂を往復してしまう。北海道の夏は短いため、すぐに寒くなるのはわかっていても、暑いのはつらいし汗をかいて気持ち悪くなるのはもっとつらい。

そんなことを考えながら、お風呂に入る準備をしておりま

以上、ぬむめでした。

お金に触りたくない的な話

お金のお札。もらえるのであれば喜んでもらいます。むしろください。理由は汚いから。可能であれば触りたくない。

お金とは、人間の欲望の象徴とか、お金を欲するのは心が汚い、など精神的な汚さではない。お金がなければ生活できない世の中だし、あればあっただけよい。何億何兆とお金があっても困ることはないだろう。むしろ嬉しい。くださいお願いします。しかし触りたくない。

でも触りたくない。ピン札ならまだしも、しわくちゃのお札は触りたくない。お金は貰いたいけど、できれば触りたくない。お札は紙でできてる。コピー用紙などと違い特殊な紙なのだろうが、人の手に渡り触りまくられたお金が綺麗なわけがない。本当に触りたくない。

紙は水に濡れる。濡れてしまい紙がダメになったのは誰もが経験すること。お札も例外ではない。いろんな水分や人間の汗など吸いまくっている紙だ。綺麗なワケがない。ありとあらゆる雑菌がうごめく小さな宇宙だろうし、お札を舌で舐めたらお腹を壊すだろう。やはり汚いから触りたくない。

お金という存在は大好きだ。頬ずりしたいぐらいだし一緒に寝たいくらい好き。10分で1万円くれるなら大抵の事はやるし、100万円くれるなら食べても身体に影響がないのであれば大抵の物は食べるだろう虫以外は。でも触りたくはない。

私が潔癖症というわけではない。外出したら必ず手を洗う程度のもの。もちろんトイレに行っても手を洗う。これは小学校に入る前に教えてもらうことであり日本では当たり前のこと。昨今の事情もあり、手を洗うことは必須だが、一般的な大人であれば当たり前のことだろう。私もその程度。綺麗好きというわけではない。そうだとしても触りたくない。

今の時代、大抵の場所でカードが使えるしスマホ決済でなんとかなる。時代はキャッシュレスだ。お金を一切持たない人も多いのではないだろうか。でも、使う場面が少なからずある。小さなお店でカード決済できないなど、現金取引が主流なことがある。そうなると、お金に触らなければならない。仕方が無いのだが触りたくない。

特にお金が貰える予定もないし余るほどない。高額なものをポンと買える経済力も無い。というかお金が足りない。しかしながら、誰もお金をくれないし増える予定もない。なので、それほどお金に触る機会はないで心配する必要はないのだが、できれば触りたくない。

でも、お金は大好き。お金欲しい。触りたくない。

以上、ぬむめでした。

風呂上がりにハナタレずにいられない的な話

私は、お風呂やシャワーに入ると100%ハナタレになります。上がると必ずハナタレになる。ハナタレ小僧と言いたいところですが、小僧ではなくハナタレオジサンです。風邪でもないのに、毎日こんなにハナタレてるオジサンがいるのでしょうか。

もう病気なんじゃないかと思っています。お風呂に入ったら鼻タレる病。そんな病名は無いのでしょうけど、鼻タレ現象を私はそう呼んでいます。

お風呂に入ったらハナタレになるのは、一体どういう人体メカニズムなのでしょうか。もしかして、私の体内に風呂上がり鼻がタレないと爆発する爆弾がしかけられているのでしょうか。鼻がタレなかったら爆発するのでしょうか。いつそんな爆弾が仕掛けられたのでしょうか。

体調が悪くなるとかありませんので、お風呂から上がってから鼻をかめば良いだけなのですが。ですが、髪や身体を拭いている時に鼻水がタオルにつくのがイヤなので、お風呂から上がってから最初にすることは鼻をかむこと。濡れた手でティッシュを触ることになるので、ティッシュに水が入ってしまいダメになってしまうこともしばしば。先に手を拭けば良いのですが、それだと鼻がタレてしまう。100円の程度のティッシュを守るか、鼻タレがイヤだというプライドを守るか、葛藤の毎日です。

ハナタレ現象は昨日今日始まったことではなく生まれつきです。前にもハナタレ病について、このブログでも書いたことあるような気もしますが、最近さらに悪化してきたようです。

風呂上がりの姿を誰かに見せるとかありませんので、私個人の問題であり、鼻をかめば良いだけの話。ですが、風呂上がり、どんなにカッコつけたとしても鼻タレな事実は変わりません。いついかなる時も、風呂上がりには鼻タレになっている。鼻タレにならずにいられない身体。鼻タレじゃなく鼻血だったら死んでいるかもしれない。そう考えるとマシですが、鼻タレな事実は何ひとつ変わりません。

私と同じように、風呂上がりの鼻タレな人はきっといるでしょう。仲の良い人以外に人に「お風呂上がったら鼻タレます?」なんて聞くわけにもいきません。そんなことを聞いたら変な人だと思われてしまいます。そして毎日鼻タレてるわけですし、さらにマズいことになります。

だからといって、病院行くわけでもなく、対策方法を検索して調べるわけでもありません。毎日のことなので仕方が無いと思っています。そして、今日も鼻タレてます。

以上、ぬむめでした。

またブログを休んでしまう的な話

半年近く、このブログを休んでしまいました。

最後の更新が今年の1/12ですので、季節も真冬から夏真っ盛りへ。月日が過ぎるのは早いものですね。私は「はてなブログ」サービスが消滅するまで、このブログをやめないと誓っています。サービスが終了するか、私の寿命が尽きるのが先か、どちらなのでしょうか。私の方が負けそう。またボチボチと書いていきます。

今の世の中、ブログではなくSNS中心です。SNSどころか動画でのV-LOG(動画配信)も当たり前。私がこのブログを始めた頃と大きく様変わりしてます。進化のスピードが速すぎる。ネット環境は20年ほど前と比べると、4足歩行の動物が2本足で歩き始めたくらいの進化ではないでしょうか。今後も、羽が生えて空に旅立つほど進化があるのでしょう。楽しみでもあり、怖い感じもします。来年はどんな事になっているのでしょうか。

先日、地元のお祭りに娘ちゃんと行き、歩きすぎたせいか足が筋肉痛で4足歩行になっている私です。

以上、ぬむめでした。

2022年になってしまった的な話

f:id:numume:20220112203737j:plain

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

新年でおめでたいのは嬉しいことですが、あまりにも寒すぎます。去年も寒かったですけど今年の方が寒い感じがします。地球温暖化と言われていますが、本当なのでしょうか?天気予報で明日の天気も外れたり、台風の進路も大まかにしかよすぐできない、それなのに何十年先の気候なんてわかるのでしょうか。とにかく寒い。

寒いからといって、ずっと布団の中に入っているわけにもいきません。なのでパソコンの画面を見つめる毎日ですが、ここ最近目の調子が良くありません。視力は両面とも1.0くらいでメガネをかけることなく生活できます。ですが、疲れ目というのでしょうか、目の周りの筋肉がピクピクと痙攣したりします。スマホやパソコンを使っていない時は大丈夫ですが、1時間以上使っているとピクピクってなります。右利きだからなのか右目だけピクピク。

両目が痙攣するのであれば病院行きたいところですけど、片目なので我慢してます。病院に行ったとしても再現性が乏しいため、なんと説明すれば良いのでしょうか。目がピクピクして気持ちが悪いです助けてくださいと言えばよいのでしょうか。病院の待合室で1時間ほどスマホをイジって目がピクピクしだしてから診察を受けなければ再現できない。でも、それは面倒すぎるので、もっと症状がひどくなるか、目から血が出たら病院行こうと思います。疲れ目というのではなく、何か重大な病気の前触れかもしれませんので、震えながら怯えています。病院は苦手です。

体の調子が悪いのか、老化のせいなのか、判断が難しい年齢になってきました。気にしても仕方がないので、あと200年くらい生きられるよう、健康面や体力作りも考えることにします。

ここ数ヶ月、このブログの更新をサボり気味ですので、今年はもう少し書いていきたいと思っております。今年もよろしくお願いします。

以上、ぬむめでした。