ぬむめ ブログ

趣味の記録や雑記ブログ

びっくりドンキーで満腹的な話

今日は娘ちゃんとデート。

お昼に、念願のアレを食べてきました/(^o^)\

f:id:numume:20201030225507j:plain

びっくりドンキー』の期間限定!

ガリバーバーグ\(^o^)/

400gもあるハンバーグです。

びっくりドンキー歴35年以上の私には他愛もないハンバーグです。400g?おやつ程度ですよ、そんな量なんて。たぶん4000Gぐらい余裕です。という夢を見ました。

びっくりドンキーに行ったことがある方はおわかりかと思いますが、スタンダードなハンバーグメニューは、150gと300gの2種類。それより100g多いだけなので、それほどでもないですね。

札幌には以前、「ジャッキモウリ」という伝説のハンバーグ屋さんがあったんですけど、ハンバーグの量を好みに応じて変えてくれるんですね。私は大抵400~500gを注文していましたので、余裕のよし子ちゃんです。もう16年前にお店をやめてしまったんですよね。私のように悲しんでいる札幌市民は多いのではないでしょうか。

そして、これ/(^o^)\

f:id:numume:20201030225549j:plain

ちなみに、娘ちゃんも同じ「ガリバーバーグ」を注文。

完全に食い過ぎ少女です。

さすがに400gのハンバーグだと、味に飽きちゃいますよね。ハンバーグの上に何ものってない「レギュラー」だと、300gでも味に飽きちゃいます。カレーかチーズだと無限に食べられるのですけどね。

f:id:numume:20201030225622j:plain

調味料付き。

ハバネロは、小分けの小さな袋で提供されました。

辛くて美味しいのですけど、袋が1つしかないので残念。

味は、普通のびっくりドンキーのハンバーグ。ライスの量はノーマルなので、普通に食べれちゃいました。もちろん、娘ちゃんも余裕で完食。

f:id:numume:20201030225713j:plain

さらに娘ちゃんはパフェ追加。

食い過ぎ少女すぎる\(^o^)/

びっくりドンキーのサイドメニューは美味しいですよね。値段もお手頃です。

数十年前の若い頃は、深夜に営業しているお店が限られており、週に何度かびっくりドンキーさんにはお世話になりました。社会人になってからは、系列のハーフダイムに行くことが多かったかな。また復活してくれないですかね、ハーフダイム。ローストビーフおいしかったな~。お店の雰囲気も面白いし。なんでなくなってしまったのでしょうか。中山美穂ミポリン)の月9ドラマにも登場していたお店だったのに、どうして閉店なの。いったい何があったんでしょうか。私、気になります。

若い頃はあんなに好きだったびっくりドンキーですが、年を取るとそれほどでもなくなるような。娘ちゃんは大好きなんですけどね。おっさんは、もう少し本格的な肉々しいハンバーグの方が好きかも。ランチや深夜の休憩には良いんですけどね。椅子がゆったりしているので、ついつい長居してしまいます。

また、数年後にいこうと思います。

以上、ぬむめでした。

卵焼きが甘い問題について的な話

f:id:numume:20201029213456j:plain

私は作る方ではありません。食べる専門です。

卵料理って奥が深いですよね。

私はスクランブルエッグが大好きで、かなりの頻度で食べております。ただ、卵を割ってフライパンで焼いてできあがり。まさにスクランブルなスピードで調理できる美味しい食べ物の代名詞ではないでしょうか。

ただ卵を焼くだけのスクランブルエッグですが、ほんの些細なことで味が大きく左右されます。味付けはせず、ただ役だけなのにです。ほんの少しの焼き加減や半熟具合などで、できあがりのおいしさが大きく変わります。私は、ほんのり半熟と堅くなるギリギリのところが好きです。

焼くだけの卵料理で、味が大きく変わってしまうのですから、調味料を使う「厚焼き卵」は、さらに難しい料理と言えるかもしれません。焼き加減だけではなく、調味料のさじ加減で味が変わってしまう、究極の料理といっても過言ではありません。いや、それほどでもないかも。

厚焼き卵の場合、砂糖を使う使わない問題があります。

あまり話題に上がらない問題ですが、厚焼き卵が甘いかそうでないかの議論はタブー視されているのかもしれません。地方によっても違うらしく、私の住む北海道では、厚焼き卵は比較的「甘め」で、砂糖が使われている物が多いと思います。

厚焼き卵は、出汁をいれるなど、奥の深い料理です。ですが「甘い」か「甘くない」だけに注目すると、どちらが良いのでしょうか。卵と砂糖のみを使った厚焼き卵の場合です。

私の見解では、砂糖の量が多くなるほど「お菓子」に近づいていくような気がします。たとえば、卵の白身の部分を排除し、卵黄と砂糖だけを混ぜ、焼き上がると、もうそれはお菓子です。砂糖の量が卵と同等であれば、もやはスイーツとなるのです。これには異論がある方はいないと思います。プリンやケーキ製造過程など、多くのスイーツは、卵と砂糖を使います。これは紛れもない事実です。

砂糖の量が多くなればお菓子になる。このことから、厚焼き卵は砂糖の量が多くなるほど「お菓子」に近づいて言っているのがわかります。逆に、砂糖を使う量が少なくなればなるほど純粋な「おかず」になっていくことがわかります。砂糖の分量によって、「おかず」か「お菓子」に変わる魔法の食べ物。やはり卵料理は奥が深いですね。

厚焼き卵の砂糖問題のタブーを恐れずにいうのであれば、厚焼き卵は「甘くない」ほうがご飯のおかずには合うということでしょうか。好みの問題はもちろんあります。ですが、砂糖が多く入り甘くなっている厚焼き卵は、スイーツに近い存在となってしまいます。私はショートケーキをおかずに白いご飯を食べることはできません。

おそらくこの記事は、闇の組織によって消され、私の身の安全も保証できない状態となるかもしれません。ですが、あえて言います。

「厚焼き卵は甘くないほうがいい」

では、みなさんさようなら。

以上、ぬむめでした。

3ヶ月後の私への手紙的な話

f:id:numume:20201028232108j:plain

これから書くことは、3ヶ月後の私への手紙です。とても個人的な内容となっていますので、まったく面白くありません。そして3ヶ月後の私以外には、読む価値すらないので注意が必要です。


3ヶ月後の私へ。

今日マジでイヤなことがあったろ?

お前、絶対忘れるなよ?

そして、絶対誰にも言うな。もうすでに、誰かに言ったりしてないよな?墓場まで持って行け。忘れずに誰にも言わず黙っていろ。

おそらく、今日の決断で、3ヶ月後のお前がどうなっているのか、今の私にはわからない。楽しくやっているんだか、キツい毎日なのか。仕事がイージーモードなのかハードモードなのか。今の私にはまったく予測ができない。それを選択したのは今の私だ。どんな状態であろうと、お前自身で選択した結果だ。それを忘れてはいけない。

でもさ、悩んだ結果なんだから、受け入れて欲しい。結果がどうあれ、しょうがないことなのさ。

たぶんさ、お前が今まで生きてきた人生の中で、最大級の選択だったはずだろ?前にもいくつか選択肢があって、結果がどうあれ、わりと楽しくやっていたはずだ。でも今回は違う。今の私には楽しんでいるお前をイメージすることが難しい。でも私の事だ。楽しくやっているのだろう。つらいと少しでも感じるのであれば、思い出せ。選択を決めたとき、思わず笑ってしまったことを。お前は震えるほどの選択をしたんだよ。面白かっただろ?思い出せ。

今回の選択で、お前はまた別の選択をしなければならない。これも人生における重要な選択だ。アイデンティティの問題だ。お前の選択は今の私にも、おおよその見当は付いている。自分の事だからね。お前が選択する方で間違いはない。今の私には、どう選択してよいのか考えられない。でも、お前が正解だ。その選択で間違いない。

本来であれば、今の私が選択するのが良いのだろう。だが、今はまだ選択することができない。悲しさで震えているよ。でもね、私は前向きさ。少しでも良くなるよう、考えているよ。選択した結果がどうなるかは、わからないけどね。たぶん私のことだ。うまくやるのだろう。何の心配もないのかもしれない。

私は変化を恐れる。きっとお前も未だにそうだろ?そこが私の弱点であり短所だ。

恐れていた変化を目の当たりにし、何かかわったか?あまり変わっていないだろ?

意外となにもかわらないものなんだよ。変化なんて入り口の1つで、ゴールは同じ場所なんだ。だって今は楽しいだろ?変化なんて「楽しい」というゴールに向かう選択肢でしかないんだよ。今までも変化を恐れて失敗したよな?失敗したことが実になっているんだから、失敗なのかプロセスなのかはわからないけど。でもわかってるよな?ゴールは1つしかないんだ。変化を恐れるな。変化なんて選択肢のひとつだ。そして最後は楽しい。それがお前のやり方だ。今までと何も変わりはないんだよ。いつも、いつだって一緒さ。

最後にもう1度言う。いいか?今日の事だけは絶対に忘れるなよ。

以上。


生きていると、色んな事がありますよね。今日はこっそりと1人でラーメンを食べてきました。おいしかったです。半熟卵って、家で作るとうまくいかないですよね。ラーメン屋さんに半熟卵の作り方だけ修行しに行きたい/(^o^)\

そして、3ヶ月後の私。ちゃんと読んでねっ!

以上、ぬむめでした。

記事にするほどの事じゃない日常をまとめて40

紅葉を見に行こうと思っていたら、もう終わっちゃいそうな感じの札幌です。みなさんいかがお過ごしでしょうか。

私は色んな意味で死にそうです/(^o^)\

でも、まだ生きてます。

ブログ連続更新126日目

まだ続いていますね。私えらい。

毎日1,000文字以上書いていますので、ざっと126,000文字ですか。

数字にすると、ちょっとキモいですね。私キモい。

仕事でもPC使っていますので、毎日キーボードの入力はどれくらいやっているんでしょうか。カウントするアプリとかもありそうですけど、数を知ると具合が悪くなりそうので、知らないことにしておきます。

いくつかサイトを作っているのですけどね。1つが完全に死にました。かなり検索順位飛ばされてしまった。修正や記事追加などメンテナンスも考えましたが、まったく時間が無い/(^o^)\

見切るのも1つの方法として考えますが、愛着のあるサイトって、なかなか捨てられない物ですよね。新しいサイトも作っておりますが、停滞ぎみです。もっとがんばらないとだめですね、私は。

今色々大変

詳しくは言えないのですけど、今新たな挑戦をしています。成就すると私の夢が1つ叶うことに。新しいことを始めると、もの凄いパワーを使いますよね。毎日ヘトヘトです。悪夢にうなされます。

今月中におおよその方向性が決まるので、楽しみにしてるんですけどね。

いつか、このブログでお話しすることもあるかもしれません。

まぁ、しょうもないことなんですけどね\(^o^)/

絵を描きました(娘が)

f:id:numume:20201027221825j:plain

適当に書いた幼女らしいです。

最近の娘ちゃんは、とても良い子です。

ですが、ガスの元栓を閉め忘れたり、ゴミを片付けなかったりと、ツメの甘さが目立ちます。火の元の管理は怖いので、しっかりしてほしい。ですが、ほぼ毎日絵を描いているのはエラいなと思っております。なんでもいいので、真剣に物事に取り組んで、現実を知って欲しいですね。がんばるだけじゃどうにもならないということを/(^o^)\

終わりに

ホント寒くなってきましたよね。朝晩は冬の寒さを感じます。我が家は11月まではストーブを着火しないと決めております。暖かい地域に憧れもありますが、札幌はこれから昆虫の居ない世界に突入するのでパラダイスです。でも超寒い。

以上、ぬむめでした。

質素と貧乏と節約は紙一重的な話

f:id:numume:20201026224804j:plain

私は今日、娘ちゃんと「まるごとバナナ」という、バナナが1本まるまんま入ったデザートを食べてしまいました。ひとり1本の超高カロリー爆弾。200円ちょっとと、お値段お手頃で超オイシイ!こんな幸せってあるんでしょうか。今、私はダイエットをしているはずなのですが、なぜか食べてしまった。だめだぞっ私っ!

さて、質素な暮らし、節約生活、貧乏、この違いは何なのでしょうか。

・質素な暮らし お金があろうとなかろうと、無駄な物は買わない生活

・節約生活 お金の消費を少なくし、お金を貯める生活

・貧乏 お金がなく、望みの物を買うことができない生活

こんなところでしょうか。

内容はどうであれ、中身は一緒です。お金を使わない生活です。

・月収100万円の人が質素な生活で食費2万円。

・月収30万円の人が節約生活で食費2万円に抑える。

・月収10万円以下のため貧乏で食費に2万円しか使えない。

所持財産や資産の関係をなくすと、どれも食費は2万円しか使っていません。バックボーンが違うだけです。ですが、質素な生活の場合、自ら進んでの行為であるため、美しくすら感じます。余裕があるということは、生活にも余裕がでるということでしょうか。質素な食生活は健康にも良いとされています。成人病などになりにくいらしいですね。

節約している場合、自ら食生活での贅沢をセーブしているわけですから、本来望んでいる食生活がおくれていません。我慢し、節約することで金銭を可能な限り多く残す。目標達成のためには素晴らしいことですね。今は資金運用や節約方法など、簡単に情報を入手できます。ですが、食生活は少し貧しく感じてしまうのでしょうか。

お金がなく、食費に2万円しか使えないのは悲しいことかもしれません。質素や節約とは違い、お金を残すことができず、やむを得ず2万円しか食費に使えないのです。「もっと節約できるだろ!」という意見もあるでしょうが、2万円の食生活は望んだ物ではなく、食べていくのがやっとという状況。お金を貯める以前に、その日を生きるために精一杯の状態です。

ただ、思うのは、同じ2万円の食生活で、考え方の違いだけ。これほど差が出るのかと思うと、考えさせられる物があります。貧乏な方が「質素な食生活をするぜ!」と宣言するだけで、それはもう貧乏な食生活ではなく「質素な食生活」にジョブチェンジするのです。節約生活も同じで、質素とするだけで、資産は勝手に増えていきます。不思議ですよね。ただ言い方や思いが違うだけで、気持ちの持ちようが変わってくる気がします。

今は「ミニマリスト」という、身の回りの物を持たないライフスタイルが注目されています。貧乏で家具などが買えない場合にも「ミニマリスト」を名乗ることで、金銭的な不満から一気に解放される気がします。

「気の持ちよう」

言葉にすると、とても簡単なことです。ですが、日常で起きている不満は、カンタンに解決する問題なのかもしれませんね。まるごとバナナおいしい。食べながら、そんなことを考えました。

以上、ぬむめでした。