ぬむめ ブログ

趣味の記録や雑記ブログ

靴下をはかないとだめ的な話

人類は、家で靴下をはく人とはかない人の2種類しかいないのではないでしょうか。

靴下をはく時もあればはかない時もある、そんな方もいるでしょう。室温が寒い時には防寒目的ではくこともあるでしょうし、暑くて靴下を脱ぐということもあるはず。部屋でスリッパを素足ではくひともいるでしょうし、畳の上で素足というかたもいるでしょう。はきたい時にはけばいい、そう思っている方もたくさんいるのではないででしょうか。

ですが、結果的には靴下をはいているかはいていないかのどちらか。やはり人類は2つに分かれていると言えます。靴下をはくはかないというのは、1日の多くを占める自宅というプライベートな空間での大事な要素。靴下をはくはなかい両派閥で、いつ戦争がおきてしまうかもしれない大きな問題です。

私は靴下をはかないと死んでしまいます。裸足でいると気持ちが悪い。お風呂に入る時と寝る時以外は靴下をはいています。むしろ、お風呂に入っている時もはいていたいくらいに靴下がないとだめです。夏はサンダルに素足なんてのが涼しくて良いのでしょうけど、いついかなる時も、靴下がないと不安でしかたがないのです。

ですが、パンツをはかずにいることに違和感はありません。ですが、靴下をはかないと違和感アリアリです。パンツをはかずに靴下だけはく姿は変態っぽくみえてしまいますが、私にとってはパンツよりも靴下の方が大事な存在です。お風呂に入っている時に火災があって1秒でも早く逃げなきゃならない場合でも、まず最初に私は靴下をはきます。服を着る時間がなかったとしても靴下をはかずに外へ出ることはできません。たとえ変態tといわれようとも、靴下をはかない生活は考えられません。

靴下をはく派閥の方々には、「何を当たり前のこと言っているんだ」と思うことでしょう。ですが、はかない派閥のかたにとっては争いの種でしかありません。ですが、私は靴下をはくことが正義で、はかないとを悪だとは思っておりません。靴下をはく文化がいつ頃確立したのかわかりませんし、調べるほどの熱量もありません。ですが、靴下をはきたい意欲は誰よりも高いと思いますし、私はこれからも靴下をはいて生活するのでしょう。靴下がこの世からなくなるまで。

暑いので靴下を脱いでみましたが、違和感アリアリすぎました。ふたたび靴下をはきながら、こんなことを思いました。

以上、ぬむめでした。

こどもの夢を叶える事を考える的な話

こどもの夢を叶える。親であればそう思う方も多いのでは無いでしょうか。ですが、子供がなりたい職業によっては応援できないこともあります。親はどこまで夢を叶えるために応援できるのでしょうか。

もしも、子供が「ウルトラマン」になりたいと言った時、親は応援するでしょうか。ごく一部に俳優になりウルトラマンになる方もいるでしょう。ある意味で夢が叶ったと言えます。ですが、俳優として演じるウルトラマンになった方以外で、実際に地球の平和を守るため怪獣と戦う夢を叶えた子供を見たことがありません。劇中の設定でウルトラマンは宇宙人です。俳優として演じる以外には、地球人が宇宙人になるというのは無理なことです。親が夢を応援しないのは、現実敵に無理だからとわかっているからです。大抵の親は「なれるといいね」と言って話をはぐらかすでしょう。

子供が「ホストになりたい」と言ったらどうでしょうか。お金が稼げることがから応援してくれる親も中には居るでしょう。人気ホストになれば有名になり、お金を稼げば他のビジネス展開をして成り上がることも夢ではありません。ですが、よく思わない親もいるのではないでしょうか。もっと堅実な職業についてほしいと願うことは、子供の意思を尊重するのと別問題だと私は思います。

ウルトラマンもホストも子供の夢であることに変わりはありません。ウルトラマンは俳優を除けば絶対に無理ですが、ホストであれば素質があればなることは可能でしょう。ウルトラマンに比べホストは現実味があります。ホストで頂点を極めるのではなく働くだけなら、日本全国お店はありますから、なんとかなるかもしれません。問題なのは現実味があるかどうか。

子供が企業経営し億万長者になりたいと言った場合はどうでしょうか。財産を引き継ぐのであれば別ですが、裸一貫で億万長者になるのは至難の業です。実際に日本で超富裕層と呼ばれる5億円稼ぐ層は0.16%ほどしかいないそうです。ですが、個人経営に近い起業は知識や経験があれば可能です。その上位層が億万長者と言えます。商才や運があれば、夢が叶う可能性が高くなりますし、たとえ上位企業でなくとも、働ける限り夢に向かって挑み続けることができます。

夢を叶える可能性が高ければ、親は応援しやすくなります。かとって、可能性が低くとも応援する方もいるでしょう。問題は、親がどこまで応援するのか。夢が叶う叶わないは別にしても、正解があるわけではありません。今の自分ならどう助言するか。子育てが終わった私には必要の無い問いですが、ふと考えてしまうことがあります。

ちなみに、私の子供の頃の夢はガンダムになることでした。夢は今も叶っていません。

以上、ぬむめでした。

QUICPayでハマる的な話

出かける時に近所だと財布は持たず、スマホのみで生活しています。

スマホのバッテリーが切れたり壊れたりした場合、無一文状態になるんですけどね。今はそういう方も結構多いのではないのでしょうか。私もそのひとり。

何か買い物をしようと思うと、スマホで電子決済するわけですね。ピッとやってシャッと支払いです。便利な世の中になりましたね。元気を持っていなくても生活できるんですよ。うまい棒1本だけ買うのもお茶の子さいさい。限度額やチャージ金額の許す限り買い物できるんですよ。限度額がたくさんある方であれば、家や車でも買えちゃう世の中。すばらしい時代じゃないですか。

ですが、今日青ざめました。

散歩のついでに、アイスを買おうとスーパーによったんです。なんども買い物したことのあるなじみのスーパー。もちろん電子決済のQUICPayが使えるお店。いつものようにQUICPayで決済しようとするとレジでエラーがでてしまう。以前も同じようなことがあったのですが、なんどかスキャンすると大丈夫だったのが今回はまったくできず。お金がチャージされていなかったり、カードの限度額がいっぱいになっていたとしょぼい理由じゃありません。決済をスキャンする場所に360度いろんな角度からスマホを当てもだめ。やさしくスマホの画面に触ってもだめ。スマホを手で暖めたりもしたがだめ。どうやっても受け付けず。

QUICPay以外の電子決済が使えないお店だったので、仕方が無く「ごめんなさい、お金を持っていません」といい、買い物できず店を出ることに。電子決済できないのであれば、私は無一文状態。よくニュースで、貧困が理由で犯人逮捕の報道で「所持金は数十円でした」みたいな悲しい事が報道されますが、私はそれ以下です。1円も持っていません。貧困飢餓状態。もちろん家に帰れば大丈夫ですが、それまでは完全丸腰です。軽装で山の中にはいってしまったような気分。ナイフも持たずジャングルをさまようみたいな危険な状態。お金がないということは本当に恐ろしい。

まぁ、コンビニなど色んな電子決済が使えるお店なら大丈夫なんですけどね。今考えると、スマホの電源を完全に落として入れ直す再起動すれば治ったのかな、なんて思ってます。その後まだQUICPayで買い物していませんので、まだ使えないのかわかりませんが、しばらくは今回の事がトラウマでQUICPay決済は使えそうにありません。

今回のことを教訓に、スマホケースの中にお札を入れておこうと思いました。でも、キャッシュレス生活なので手元にお札なかった。現金を手に入れるまで震える生活は続く。

以上、ぬむめでした。

重曹のお風呂に入ったら肌の具合が良くなったけどおすすめはしない的な話

お風呂のお湯に『重曹』を入れて入っていたら、肌の具合が良くなりました。だからといって他の人におすすめしたり、重曹って凄いねアピールをすることもありません。重曹本来の使い方ではありませんからね。製品は説明書きの通りに正しく使うべきです。身体のトラブルはお医者さんに行きましょう。

私はほぼ毎日、重曹風呂に入っております。入れる分量は大さじ2杯くらい。

なぜ、重傷の風呂に入るようになったのかというと、ネットで『セスキ炭酸ソーダ』をお風呂に入れると肌がスベスベになったというサイトを見ため。そのサイトによると、お肌は綺麗になるだけではなく、浴槽も綺麗になる。そしてギャンブルでも大勝ち、会社では出世し好きだった人に告白される、などなど効果抜群。

ですが、私が使っているのは重曹です。重曹は料理に使うなど知識はありましたが、セスキ炭酸ソーダというのは、なんだか怖い劇薬のイメージ。「セスキ炭酸ソーダ殺人事件」などのタイトルで2時間ドラマをやっていそうなくらい恐ろしい響き。そんな恐ろしい物をお風呂に入れて身体をつけるなんて考えるだけで恐ろしい。死ぬんじゃないでしょうか。というのは私がおバカなだけで、重曹よりもアルカリ性が強めでお掃除にも使われている一般的なものなのですね。知りませんでした。一般的なものとはいえ、名前が怖いし強そう。

私もセスキ炭酸ソーダのお風呂につかり、みかけたサイトのようにギャンブルに大勝ちしたり好きな子に告白されたりしたかったのですが、ギャンブルやらないし会社勤めもしておりませんので、なじみのある重曹のお風呂にしました。重曹にそんな効果があるのかは不明。

重曹お風呂に入り始めてから、かれこれ2~3ヶ月でしょうか。始めた頃は効果を感じませんでしたが、最近になってお肌がツルツルになってきたような気がします。ですが、爆発的な効果があるわけでもなく、重曹お風呂以外の要因があるのかもしれませんし、プラシーボ効果と言われればそうかもしれません。

重曹本本来の用途以外の使い方ですし、まったくおすすめはしません。ですが、お風呂に入浴剤をいれることで肌が改善するというのは間違いではないでしょう。お風呂に入っている時間は各自様々ですが、何分間も肌に触れるのですから、なにかしらの影響があるのでしょう。

かといって、まったくおすすめはいたしません。販売されている物は使用用途を守り、身体のトラブルはお医者さんに相談しましょう。

このまま重曹風呂を続けようと思っておりますが、より強力と言われるセキス炭酸ソーダ風呂にチャレンジし、誰かに告白されるのもよいかな?と思っております。

以上、ぬむめでした。

お風呂に入ったら汗をかいてまたシャワーに行く無限ループ的な話

暑くなってきました。つい最近まで冬だと思っていたら夏ですね。日本全国的に梅雨シーズンですので、ジメッとした季節ですね。少しくらい暑くてもいいから、カラッとした気候の地域に引っ越したい。

私は北海道に住んでいるのですけど、本来であれば北海道に梅雨はないはずなのです。夏も過ごしやすいというのが北海道のいいところなはず。そのかわり冬は極寒で暖房をつけないと死ぬレベル。寒いおかげで北海道以南で問題となるゴキなんちゃらみたいな生物がいないのも素敵。道民はゴキなんちゃらを見たことがない人が多いのではないでしょうか。おそらく、北海道の冬を越えることができないのが原因でしょう。虫嫌いの私には、北海道の冬の寒さはかなりのメリットです。

なのに、ここ数年はジメッとしており「これは北海道にも梅雨がやってきたのではなか?」と思うほどジメッとしています。気候変動のせいなのか、それとも他に原因があるのか。

私が「こんなの北海道じゃない!」と騒いだところでどうこうなる問題でもありません。ジメッとした季節がすぎてくれることを待つしかありません。クレームを入れようにも、どこに電話して良いのかわかりませんし、地球に話しかけてたとしても返答してくれたことがありません。やはり耐えるしかありません。

ジメッとする汗をかきます。そうなると、お風呂に入ってすっきりしようと思いますよね。ですが、お風呂から上がっても湿度が高いため汗をかく。汗をかくと気持ち悪いのでシャワーを浴びる。シャワーから上がってさっぱりしても、また湿度が高いので汗をかきそしてシャワーへ。無限ループとなります。もう、お風呂の中で生活した方がよいレベル。でもお風呂は水場なのでジメッとしている。一体私はどうすればよいのでしょうか。

汗をかいてしまうのがわかていても、やっぱりお風呂にお湯を入れて入りたい。でも汗だくになってしまう。シャワーで済ますほうがマシでしょうけど、汗をかくくらい暑い日のお風呂もまた格別。風呂上がりのビールもおいしいですしね。それでも汗だく。牛丼屋の「つゆだく」なら許せるが、汗だくなのは許せない。やっぱり牛丼の「つゆだく」も遠慮しておきます。普通の牛丼が好きです。

それでもお風呂に入りたいので入ってしまう。そして、何度もお風呂を往復してしまう。北海道の夏は短いため、すぐに寒くなるのはわかっていても、暑いのはつらいし汗をかいて気持ち悪くなるのはもっとつらい。

そんなことを考えながら、お風呂に入る準備をしておりま

以上、ぬむめでした。