ぬむめ ブログ

趣味の記録や雑記ブログ

雨が降ると体調が悪くなるなんて迷信だと思っていた的な話



f:id:numume:20211007203650j:plain

最近、頭痛が痛いな、なんて思うことがあり、体調不良の日がありました。特に病気というわけではないのですが、頭痛が痛い。

以前からも、そういうことは度々ありました。誰にでもありますよね。「今日は調子が悪い」みたいなのって。頭が痛くなるなんてことは性別問わず、誰にでもあることでしょう。

「何か重大な病気の前兆じゃない?」なんて言われることもありますけど、そうじゃないことは自分がよくわかっています。「あれ?これはいつもと違うな?」なんて時には病院いきますけど、あきらかに違う。頭痛が痛いだけ。

バファリン(実際はナロンエース)でも飲んでおけば治る」なんて、いつもやり過ごしていました。薬飲めば痛くなくなる。治るわけではなく、痛みが止まっているのでしょう。動けないほど頭が痛いのであれば薬を飲みますが、少しの痛みでは薬を飲む方が身体にダメージを与えるような気がします。大体、寝れば治る程度の痛みです。こんな状態が最近続いていました。

ですが、調子が悪い原因に今日気がつきました。雨が原因です。

おじいちゃんおばあちゃんが、「雨が降ると古傷が痛む」みたいな話を実際に聞いたことはないですけど、書籍や映像で見たことがあります。ですが、私は頭を損傷したことはないですし、古傷が痛むのと頭痛が痛いのは少し違う。

おそらく、気圧が原因なのでしょう。体内の水分が~みたいな内容みたいですね。ですが、雨降ったら調子悪くなるなんて、迷信だと思っていました。酸性雨が影響して皮膚が危ないみたいな内容であればわかりますが、エベレストの頂上と平地くらい気圧が違うのであれば納得いきますけど、平地で、それも室内で天気程度の気圧で健康状態が左右されるとは驚きです。

雨が降ると気分が悪くなる。迷信めいたことであり、可憐な乙女が言う言葉だと思っていました。「雨の日は憂鬱」という表現は、繊細さを表しているのかと今までずっと思っていました。たしかに憂鬱な気分になるのはそうなのですけど、物理的に肉体ダメージを受けることもあるのですね。美少女が言うのであれば絵になるのですけどね。まさか、おっさんである自分が言うことになるなんて。雨こわい、もぅマジ無理。。。

カニズムがわかってしまえば対策ができます。早い話、運動不足なんでしょうね私の場合は。少し運動でもして全天候型の身体に進化させたいと思っております。

「頭痛が痛い」って言葉は間違っている言い回しですが、ナゼか使いたい。

以上、ぬむめでした。