ぬむめ ブログ

趣味の記録や雑記ブログ

超安いワイヤレスキーボードを買った的な話 エレコムワイヤレスキーボード【TK-FDM105TXBK】



パソコンのキーボードは消耗品ですよね。打つ文字数が多ければ多いほど壊れやすくなります。数万円する高級なキーボードも例外ではなく、ブログを書く方は壊れやすいのではないでしょうか。

今回、あまり使わないデスクトップパソコンのキーボードが調子悪くなったので、エレコム【TK-FDM105TXBK】おw購入しました。 以前は同じタイプのケーブルがある有線接続タイプを使っていましたけど、今回はケーブルのないワイヤレスにしました。

f:id:numume:20210919183911j:plain

今回買ったキーボードはこれっ!

エレコム TK-FDM105TXBK

お値段、Amazon にて購入 1,500円弱!

ワイヤレスなのにケーブル接続のキーボードなみの安さ。こんな安くて日本大丈夫なんでしょうかね。

安いキーボードの良いところは、壊れてしまっても惜しくない。高いキーボードが2万円だとすると、2千円のキーボードだと10個買えちゃいますからね。壊れるまで10個使い切る前に自分の寿命が尽きちゃいそうな感じもしますけど。

f:id:numume:20210919185113j:plain

上が同メーカーのケーブル接続タイプの品。

下が今回の購入したワイヤレスキーボード。

ほんと、ごく一般てきなキーボードです。これと言って特徴はなく、テンキーがないくらいでしょうか。特殊な機能もなく光ったりもしません。 超安定の日本語キー配列です。

f:id:numume:20210919185327j:plain

単三電池1本で動くのは魅力。パソコンにつける受信機も収納可能。この手のキーボードを持ち運ぶ人なんていないと思いますけどね。Bluetooth接続より専用受信機の方が遅延トラブルが少ない気がします。キー入力で遅延があると話になりませんからね。距離はパソコンから2mほどでしばらく使ってみましたが、まったく遅延を感じません。

f:id:numume:20210919185511j:plain

電源ボタンが前面にあるのもうれしい。作業中に突然キーボードの掃除をしたくなったらオフにして即フキフキできる。私は電源を切ることすらめんどくさいタイプなので、パソコンの電源を切ってもキーボードの電源はつけっぱなしにしております。電源を入れっぱなしでもキーを押さないと通電しないから電池が減りにくいのも、余計なLEDなどついていないキーボードのメリットと言えますね。

キーボードにとって大切なのが打ちやすさ。まったく問題がありません。メカニカルキーボードのようにカチカチ感はなく、ノートパソコンのように浅いクリック感でもなく、いたって普通のうち心地。安いキーボードにありがちな、キーを押した時、横にフニャッとすることながなく、しっかりと入力できます。安いのフニャつかないのは立派です。まさにキングオブ普通のキーボード。

f:id:numume:20210919185713j:plain

キータッチは軽め。安物キーボードにありがちな、打っている感触がないような押しにくさはありません。どのキーも同じ打ち心地です。耐久性に関しては「お値段なり」だとは思いますが、毎日30分程度のタイピングであれば、数年は壊れる気がしません。キー入力のチカラ加減にもよるので個人差があるでしょうけど。

そして何より私が重視するのは『乾電池で動く』ということ。単三電池1本で動きます。最近のワイヤレスガジェットはバッテリー内蔵の商品が多く、乾電池はコスト高と思われがち。2~3日で電池が切れるのであればコスパ最悪ですけど、キーボードの場合、使い方にもよりまざが半年くらいはなんともありません。充電式も便利なのですけど、充電するたびにバッテリーの劣化は避けられません。乾電池の場合、電池を新品に変えればキーボード後壊れていない限り大抵は動きます。キーがヘロヘロになるまで地球滅亡の日まで動きます。バッテリーだと電力がなくなったとき充電しなければならない煩わしさがありますけど、乾電池はサクッと交換できるのが魅力すぎます。

ちなみに、このキーボードとマウスセットで販売されている品はやめたほうがいいかもしれません。超使いにくいし性能がまったく良くない。今話題の「ゲーミングマウス」がゲームしなくてもオススメです。最近はお手頃な値段で販売されていますしね。マウスは使用する機会が多いので、現物を確認して買いたいところですね。

最近のキーボード事情は、格安キーボードからゲーミングキーボード、自分でパーツを組み合わせて作る自作キーボードなど、さまざまな種類があります。打ちやすさで選ぶのはもちろんのこと、打ちやすいことも重要です。ですが、打ちやすさにこだわりすぎて、変わり種キーボードを使うと壊れたとき再購入できなかったり、一般的なキーボード入力ができなくなるなど、のちのち困ることも。「弘法も筆を選ばず」とも言いますしね。

エレコムワイヤレスキーボード【TK-FDM105TXBK】もう少しかっちょい名前はなかったんでしょうかね。

【超安いワイヤレスキーボード太郎】

なんてどうでしょうか?

また壊れるまで使い倒してみたいと思っております。

以上、ぬむめでした。