ぬむめ ブログ

趣味の記録や雑記ブログ

テニスしたいけどできない的な話



f:id:numume:20210201231159j:plain

もうテニスがしたくてどうしようもないです。テニスには硬式と軟式がありますけど、もちろん硬式。社会人テニスプレイで軟式はあまり見かけないですよね。大人になると、テニス=硬式なのかもしれません。

私の場合、学生時代にテニス部だったとか、まったくありません。吹奏楽部でしたし。テニスをやった経験もそれほどありません。遊びで数回やった程度で、まったく上手くありません。サーブも打てません。下から打ってやっとこ入る感じ。ですが、私はテニスを愛しています。

野球やサッカーなど、テレビでスポーツ観戦はまったくしませんが、テニスだけは例外。グランドスラムだけですが、テニス中継を毎年楽しみにしており、どんなに長い試合でも、何時間でも観ていられます。自分でプレイしていないけれど、テニス愛は誰にも負けない思いです。

そんなに好きなら、テニスやればいいじゃん。そう思いますよね?私もそう思います。やればいいんですよ。観ているよりも自分でプレイする方が楽しいに決まっている。プロプレイヤーのように上手くいかなくとも、アマチュアなりに絶対に楽しいはず。観ていて面白い物が自分でやって思しくないわけがありません。私は今すぐテニスを始めるべきです。

そう思って、もうかれこれ数十年。未だテニスをやっていません。

テニスって、比較的利便性の良いスポーツなんですよね。屋外でプレイするスポーツですが、大抵大きな街だと室内練習場があるので雨が降っていてもプレイできる。室内であれば、日焼けの心配もありませんしね。私は日焼けしてしまうと顔が物騒なため、野蛮の人に見えるらしい。なので日焼けが厳禁です。

室内練習場であれば、夜間も営業していることも多く、趣味のスポーツとしては最適なんですよね。身体も結構動かしますので、健康にも良いでしょう。運動不足であればテニスは最適。迷っているなら今すぐプレイすべき私。

ですが、どうしても避けられない問題点があります。

それは、1人でできないこと。

テニスは試合だけではなく、ラリーと呼ばれる相手と打ち合いも楽しいのす。試合の場合には、相手が球を撃ちえせない場所を狙うのですが、ラリーの場合には相手が打ちやすい場所に打ち返す。やはり、長く打ち合いが続く方が楽しいですしね。そう、楽しそう。いや、楽しいはず。ですが、1人ではラリーはできません。一緒にプレイしてくれる相棒が必要。壁打ちをして1人で練習したりすることもできますが、おっさんが壁打ちしているのは、端から見ても気持ちの良い物ではありません。バッティングセンターのように機械で球がでるテニスマシーン?のような物もありますが、やはり1人だと寂しい。孤独すぎる。

私には、テニスが好きな友達や知り合いがまったくいません。誰もテニスで私と遊んではくれない。やはり、テニススクールに行くのが手っ取り早いのでしょうね。習いながら友達もできそうですし。やはり、テニスを始めるならテニススクールに通うのが王道でしょう。想像するだけで楽しそう、いや、テニスは無条件で楽しいのです。

ですが、テニススクールと言えば、暇を持て余したお金持ちの奥様方が通っているイメージ。庶民のおっさんなんかいないはず。上手ければテニスが上手いおっさんとして、少しは許されるのかもしれませんが、初心者のおっさんはイケてなさすぎます。やはり、テニススクールに通うのは、私には難易度が高すぎる。この年で恥ずかしい思いをするのは結構な勇気がいるものです。

それでも今年こそ、テニスやりたいなと思いますけど、考えれば考えるほど難しい。

もう少し考えてみます。

以上、ぬむめでした。