ぬむめ ブログ

趣味の記録や雑記ブログ

画像を保存するとjpgではなくjfifという謎の拡張子になり困った的な話



f:id:numume:20210119191910j:plain

WindowsのPCと使っているとき、Twitterなどにある画像を保存したい時ってありますよね。SNSは素敵な画像の宝庫。時間が経って見られなくなる前に、自分のPCの中に保存しておきたいのは誰もが思うこと。著作権など、細かな法律が問題になることもありますが、ごくありふれたできごとです。

私もそんな1人。Twitterなど「これは保存しておきたい」という画像は、右クリックして「名前を付けて画像を保存」で保存したりします。

ですが、いつからか、保存がうまくいかなくなりました。

「JPG」形式でアップロードされている画像を保存するとき、なぜか「JFIF」という謎の拡張子で保存されるようになってしまいました。これはとても不便です。

JFIF」ファイルでも、開けないことはありません。ですが、拡張子が違うとファイルの種類が変わってしまうので、ファイルをうまくソートできなくなったりと、不便なことの方が多くなります。

拡張子を「JFIF」から「JPG」にファイル名変更してしまえば良いのですが、これがまた超面倒です。

解決方法がないかと調べたところ、Windowsレジストリを変更すると改善されるそうです。早速やってみましたが、サックリと改善しました。一体、何が原因でレジストリが書き換えられてしまったのでしょうか。特定のブラウザに起きる現象のようで、イマイチ原因は不明です。

直ったからいいんですけどね、今回は。以前にも、iPhoneで撮った動画がアップデートにより違う種類になってしまい、既存のWindowsアプリで見られなくなる現象を思い出しました。対応したアプリをインストールしないと動画が見られないですね。まぁ、100億万歩譲ったとして、iPhoneapple製品ですし、違うOSであるWindowsと相性が悪いのは仕方がないのかもしれませんけど、以前まで見られたものが、突然できなくなるというのは困るものです。iPhoneの場合は、設定を直すことで今まで通りの動画形式に戻すことができましたが、違う形式で撮影した動画を見るためには、専用のアプリをインストールするか変換しなければなりません。これは面倒すぎます。

ファイル形式は、各社独自の規格を作りデファクトスタンダードにしたいものです。古くはビデオテープのVHSとベータなどがありましたね。今ではデジカメの保存形式などがそうですかね。新しいファイル形式には新技術や機密保護の安全性などが高まっているのでしょうけど、高性能でなくとも使い慣れたものが1番使いやすいものです。

ですが、古い技術に甘えすぎていると、セキュリティの脆弱化や質の低下など、様々な問題があるのも事実。幸いなことにWindowsはある程度古いファイルの互換性が高いため、古い資産を生かすことが比較的容易です。工夫次第ではMS-DOSソフトやWindows初期のアプリも動かすことができます。その点Macは過去の資産を一切捨てることで発展してきたメーカーといえます。新しいMacを買ったら古いアプリが動かないなんてことは日常茶飯事。過去の遺産をすべて新技術に変えることで進化してきました。技術の最先端を行くという面では、Macが優れているのかもしれません。

今後も、今まで使えた物が使えなくなる、そんな不便に遭遇することが多くなるでしょう。対応するためには、検索する能力や新しい技術への対応力など、自分自身の頭の中をアップデートしておくことが大切ですね。いつの時代も、日々精進、そんなところなのでしょうか。

これからは、頭が良くなると言われている魚と長ネギをたくさん食べることにします。

以上、ぬむめでした。