ぬむめ ブログ

趣味の記録や雑記ブログ

趣味の悪いシャツを捨てるかどうか的な話



f:id:numume:20201221215429j:plain

趣味が良い服、悪い服。この違いはなんでしょうか?

私が思うに、ドクロの柄や、悪魔や血みどろの姿がプリントされたシャツは、趣味が悪いと思います。

ですが、これは私の主観であり、そのような毒々しい柄がプリントされたシャツなんで、世の中にあふれかえっていますし、着ている方もたくさんいるでしょう。それを頭ごなしに私が「趣味が悪い」というのは、乱暴な表現なのかもしれません。

趣味とは、あくまで主観であり、使う本人が「これは素晴らしい」と思えば、それは素晴らしい品であり、他の方がとやかく言う問題ではありません。自分がよければよいのです。TPOは求められるとは思いますけどね。

私はもう、いいおっさんなので、ドクロのシャツなど着たりしません。年齢は関係ないにしろ、先ほども述べたように「私の趣味」ではないからです。ですが、私の持っているシャツの中に「趣味が悪い」と言われるシャツがあります。

そのシャツは、20年近く前、お店で一目惚れして購入しました。柄は文章では伝えにくいのですけど、早く言うと「ヤ○ザさんみたいな」柄です。私は人相があまり良い方ではありませんので、そのシャツを着るとかなりヤバい状態になります。完全に、そういう類いの人に見えてしまう。なので、あまり着る機会はありません。本当は着たいのですけど、周りが許してくれません。かなりヤバいです。

着ないのであれば、捨てるなり売るなり、処分するべきです。無駄なものは持たない方が幸せになれると聞いたことがあります。

ですが、たとえ年に1度しか着ないとしても、捨てる必要はあるのでしょうか?

たとえば、冠婚葬祭の礼服など、年に何度も着ることはありませんよね?たまたま、結婚や葬式が続いた年には、何度も着ることがあるかもしれませんけど、「来年は誰も死なないだろうし、誰も結婚しないだろう」なんて、礼服を捨てたりはしないでしょう。いつ、何が起こるかわからない世の中です。礼服は、数年に1度しか着ないとしても必要ではないでしょうか。

そう考えると、ヤバい柄のシャツも、数年に1度しか着ないとしても、捨てないで持っていてもおかしくは無いはず。礼服は普段着のように着ることはできませんが、ヤバい柄のシャツは人目を気にしなければ毎日着れますからね。

ですが、年を取るたび、着る機会はさらに減り、これからも着ることはないのではないかな?というヤバい柄のシャツ。

年に1回しか着ないとしても、いつか着るときが来るはず。と、自分に言い聞かせながら、捨てずにこれからも持っています。

以上、ぬむめでした。