ぬむめ ブログ

趣味の記録や雑記ブログ

老眼的な話



老眼 f:id:numume:20201019235418j:plain

老眼は「40代に入ってから目のピント機能が低下する」ことらしい。

私もアラフィフになり、完全に老眼です。

Amazonやどで「1日で老眼が治る!」といった宣伝文句の本をついつい買ってしまいそうになりましたが、人間の構造上仕方が無いことと諦めております。ですが、目の機能が低下するのはつらい物がありますよね。

私は目が悪くありません。未だに眼鏡をかけていません。おそらく、近く物を見る以外は、普通に見えていると思います。視力は1.0近くあるのではないでしょうか。車の運転もまったく問題ありませんし、遠くの看板などの文字も大抵は読み取ることができます。若い頃に比べ、視力は落ちたとは思いますが、未だ眼鏡は必要ありません。

目の前にあるもの30センチ以内のピントが合わなくなると、老眼らしいです。本当か嘘かはわかりませんけど、そうらしいです。たしかに、若い頃は、小さな文字を見るために、目の前に近づけて見ていたような気がします。今は、たしかに30センチ以上、目から離して見ております。老眼ですね。

老眼鏡をかけることで、すべてが解決するのですよ。なんてことでしょう。実際初心者用の老眼を持っておりますが、見える、見えまくる。今までのキツさはなんだのだろうか、というくらい見えます。寝転がりながら、本を読むときも楽々見える。スマホの文字などは老眼鏡がなくとも困ることは無く、見えるんですよ。小さな文字は拡大もできますしね。スマホであれば、老眼鏡は必要ありません。パソコンは目から少し距離を離せますので大丈夫ですね。ですが、本に関しては老眼鏡がなければ、読むのがかなりキツいと感じます。

自宅であれば、誰にも気を遣わず、好きなだけ老眼鏡をかけることができます。ですが、外出先ではどうでしょうか。いまだ老眼鏡を使ってことありません。老眼鏡はあまり持ち歩くことはありませんけど、かけるタイミングがわかりません。

紙などに書かれている小さな文字を見るとき「どれどれ」と言いながら、鞄から老眼鏡を出しかける。う〜ん、老眼鏡初心者の私には、その一連の動きが難しい。まず、スマートに鞄から老眼鏡を出すのが難しい。かといって、胸ポケットに老眼鏡をいつも入れているわけにもいきませんので、鞄からスムーズに老眼鏡をださなければなりません。そして、老眼鏡を使い終わったら、また鞄にしまわなければなりません。それもスムーズに。老眼鏡を出すときには「どれどれ」と言いますけど、しまう時にはなんと言えばいいのでしょうかね。「れどれど」ですか?

今後、老眼の進行を遅らせることはできたとしても、治ることはありません。やはり、老眼を出してしまう。この動作の練習をしておかなければならないな、なんて考えております。しまう時になんて言えばいいのだろうか……

以上、ぬむめでした。