ぬむめ ブログ

趣味の記録や雑記ブログ

頭の中に何もないのかと思うくらい書くことが浮かばない的な話



f:id:numume:20201006204544j:plain

本当に書くことが思い浮かばない。10分だろうか、いや20分だろうか。考えているがまったく思い浮かばない。もしかして、体調が悪いのか、それともアホなのか。自分では判断しかねる。

もしかして最近、本を読んでいないからなのか。娘ちゃんからもらったラノベスーパーカブ」も、1/3くらい読んだところで挫折してしまった。スーパーカブは好きだが、ラノベはおっさんには難易度が高い。アニメでは見たことがある「化物語シリーズ」は好きだが、ラノベの方はきびしい。文章がまどろっこしすぎる。リアルHPが100%の状態でも、数十ページ読むのが精一杯。もしかして、私は本が苦手なのかもしれない。

「インプットは大事」そんな言葉をよく耳にする。本を読まなければダメといったプレッシャーになる。アウトプットするためにインプットするのだから、アウトプットの方が大事な気がするのだが、私の考えは間違っているのだろうか。

アウトプットと言えば、スマホの充電ケーブルを挿すコネクタが甘くなってきた。そりゃすだ。毎日何度も抜き差しするのだから、パーツがすり減ってくるのは当たり前。このスマホを使い続けてから、何回くらい充電ケーブルを抜き差ししたのだろうか。やはりアウトプットは大事である。

年齢のせいなのかもしれない。それかアホなのか。年を追うごとに、物事を考えるスピードが遅くなってきたような気がする。あっと驚く発想も出てこないし、とっさに会話の中で面白トークも思い浮かばないこともある。若いときよりも年を取ると知識量が増えるはず。それを引き出すチカラが衰えているのだろう。やはり、アウトプットの方が大事なのではないだろうか。

私は「スーパーカブ」を愛している。先ほど話をしたラノベではない。ホンダのスーパーカブだ。若い頃、数ヶ月間の間乗っていたことがあり、足代わりというか、おもちゃ感覚で遊んでいた。スピードが速いわけでもないし、高性能でもない。新聞配達員や郵便局員が乗っている、どこにでもいるバイク。当時は、スーパーカブがカッコイイなんて思わなかった。タバコの銘柄でカラーリングされたレーサーレプリカが1番かっこいいと思っていた。だが月日は経ち、大人というか、おっさんになると「機能美」という美しさがあることに気がついた。スーパーカブは乗る人が仕事を快適にできるような工夫がされている。外見がかっこ良くなったり、速度が速くなったり、そんな工夫ではない。スーパーカブが道具としての機能が満載だとわかると、なぜか美しく見える物だ。機能が素晴らしい物は美しい。

長くなりそうなので、この辺で。

来年こそはバイクの免許取りたいと言い続けて30年が経ちました。

以上、ぬむめでした。