ぬむめ ブログ

趣味の記録や雑記ブログ

ブタメンカップ焼きそば食べてみた的な話



みなさん、カップラーメン食べてますか?

まさか、「カップラーメンってカラダに悪いんでしょ?」なって言ったりしてないでしょうね?

食事はバランス良く取りましょう。

私は、子供の頃から『ベビースターラーメン』のカップ麺版が大好きでした。

f:id:numume:20201004224509p:plain

参照URL:https://www.oyatsu.co.jp/enjoy/history/

これ、おいしかったなー。

小さい頃、よく食べてました。

スーパーで、似たようなものを売っているんですけど、そっちはブタメンでした。

食べてみましたが、なんだか『ベビースターカップラーメン』の方が美味しい感じがしました。思い出補正かかってる可能性もありますが、また食べたい。

f:id:numume:20201004224520p:plain

参照URL:https://www.oyatsu.co.jp

ブタメン』も同じ『おやつカンパニー』の製品です。

ベビースターカップラーメン』とは、兄弟?姉妹?の関係なのでしょう。ですが、ブタメンは一般的なカップラーメンに近い感じです。ほぼ少ないカップ麺。ベビスターカップラーメンは、お菓子のベビースターラーメンっぽい感じの麺だったような気がします。

ブタメン』はいろんな味があるので、ある意味楽しめるんですけどね。おやつにちょうど良い量ですし。

ただ、問題もあります。

買うのが恥ずかしい/(^o^)\

今はネットで買えるから、いいんですけどね。

お店で、ゴリゴリのおっさんが『ブタメン』買うのは、ちょっと勇気が必要です。

「買うのが恥ずかしい」なんて言っちゃってますけど。

私は普通に買いますけどね\(^o^)/

スーパーに買い物ついでに、カップ麺コーナーを見ていたら、なんと!

ブタメン』のカップ焼きそばが売ってました。

カップ麺で有名な『エースコック』さんとのコラボ商品みたいですね。

パッケージが完全に『ブタメン』です。

f:id:numume:20201004224757j:plain

赤いフォルムが購買欲をそそります。

ビニール包装を取ると、中はよく見るカップ焼きそばと同じ感じ。

f:id:numume:20201004224957j:plain

エースコック』さんとのコラボ商品ですので、同社のカップ焼きそばの流用なのでしょう。 麺も一般的な焼きそばと同じ感じ。

カップ焼きそばの「一般的」って難しいですよね。

私が住む北海道では『焼きそば弁当』というカップ焼きそばが一般的です。

カップ焼きそばは、3分経ったらお湯を捨てますよね。

流し台にお湯を捨てるとき「ボンッ」って音がなってビビるやつです。

ですが、道民に愛されているカップ焼きそば『焼きそば弁当』は、捨てるお湯を使ってスープを作ります。粉末スープの粉が付属しているのです。マグカップなどに粉を入れて、捨てるお湯を入れるとスープので出来上がり。だから「弁当」という名前なんでしょうね。たぶん。

本州の方は『ペヤング』なんですかね。

ペヤング』のカップ焼きそばは、北海道ではドン・キホーテなど、珍しい食品が売っている所でしか買うことが難しいのです。最近はコンビニで売っているのを見かけるようになり、やっと身近になってきた感じです。やはり北海道は『焼きそば弁当』が幅をきかせています。

f:id:numume:20201004225803j:plain

ブタメン』焼きそばの内容物はこんな感じ。

うーん、怪しさプンプンですね。

香味料のような油袋と、粉末タイプのソース。

一般的なカップ焼きそばは、液状タイプのソースですよね。

油の袋を先にいれ、そのあと粉末ソースという流れなのですが、うーん。

f:id:numume:20201004230056j:plain

やはり、上手に混ぜることができません。

粉末タイプのソースで、なおかつ色がついていないため、混ざってるんだか混ざってないんだかわかりません。

具がないので、なんだか味気ない見た目ですね。

さて、食べてみましたが……

たしかに、『ブタメン』っぽい味がするようなしないような。

しいていうなら、マズイ やさしい味です。

コストの関係で液体ソースは無理だったんですかね。

ブタメン』って、麺自体に味が付いていて、調味料など入れず、お湯を入れるだけでできあがります。麺に味が付いているんですね。

ですが、この『ブタメン』焼きそばは、麺は普通のカップ焼きそばの麺、そしてソースが粉末で混ざりにくい。風味は『ブタメン』のような気もしないでもないですが、カップ焼きそばにソースを付けず、コンソメをふりかけた味みたいな。マズイ 懐かしい味ですね。

うーん、やさしい味。

パッケージはインパクトありますよね。赤いし、なんか強そう。

コストの関係で、液状ソースは難しかったのか。それとも『ブタメン』感を出すには粉末タイプが必要だったのか。

ブタメン』は、子供のおやつです。大人(おっさん)がとやかく言うのはお門違いかもしれません。ですが、もう少しがんばってほしかったな、味の面で。麺だけに。

もう『ブタメンカップ焼きそばは、購入することは無いと思いますが、普通の『ブタメン』は今後も購入しますので『おやつカンパニー』さん、これからも楽しい商品の開発、がんばってください。応援しております。

以上、ぬむめでした。