ぬむめ ブログ

趣味の記録や雑記ブログ

寒すぎる的な話



f:id:numume:20200914203509j:plain

数日前までは、暑い暑いと言っていたのが嘘のように寒いです。娘ちゃんがストーブつけたいと言うほど朝は寒かったです。秋になり、冬になり、だんだんと寒くなるのは当たり前なのですけど、数日前に30度を超えていたことを思うと、納得がいきません。結局今年もエアコンを買わず扇風機のみで過ごしましたが、寒くなると、暑かった夏の日々が恋しくなります。

季節の変わり目、困るのは出かけるときに着る服です。

寒いからと言って、厚着で出かけると、昼頃には暑くなり、「うわぁ、この人、暑苦しい」と思われてしまいます。かといって、薄着で涼しい格好で出かけると、昼頃に思ったほど気温が上がらず、夜には極寒となり、唇を紫色にしながら帰宅しなければなりません。水温が低いプールから上がったばかりのような紫色の唇は、おっさんには許されません。なにか気の利いた上着を1枚余分に持てばいいのですけどね。急に寒くなると、着る服が本当に困ります。

私は北海道に住んでいますが、冬のファッションはとても楽ちんです。なぜなら、コートやジャンバーを着るから。少しくらいボロい服や恥ずかしい色のシャツだとしても、コートやジャケットを着てしまえば、隠れて見えなくなります。しっかりとしたコートやジャケットなどがあれば、中の服は適当でいいんですよ。上着を脱がなければわかりません。

沖縄などの南国だと、半袖やTシャツなどが多いと思うのですが、毎日同じ服を着るわけにはいかないと思いますので、おしゃれさんは大変ですよね。暑い時期はどこもそうだと思いますが、冬はしっかりとしたコートを着ないと凍死してしまう北海道では、洋服を適当にできる期間がある程度長いので、それほどおしゃれさんではない私のような方には最適なのかもしれません。

暖かい地域に憧れることがあります。ですが、昆虫が室内にも侵入する問題や、台風など、道民にはハードルが高い問題がいくつもあります。北海殿冬が寒いのは大変ですが、慣れてしまえば、暖房の効いた部屋でアイスを食べるのも幸せの瞬間。おしゃれさんではない私なので、冬の洋服で楽をできることを考えると、自分がしらないうちに、身体が北海道に最適化されているのかもしれません。

北海道は、夏が例年より暑いと雪が多いという、言い伝えがあります。マンション住まいなので、雪かきしなくていいのですけど、歩きにくいので雪が少ないとうれしいんですけどね。

以上、ぬむめでした。