ぬむめ ブログ

趣味の記録や雑記ブログ

ニッチな話題の戦場はTwitterに移ったのか的な話



f:id:numume:20200901223745j:plain

Google検索みなさんしてますか?

便利ですよね、という時代は終わり、ネット検索は日常生活において欠かせないインフラと化しています。アフィリエイトなど、ネットでお小遣いを稼ぐことも、Google検索に最適化したSEOが欠かせませんでした。

ですが、最近はどうでしょうか?

Twitterをやっている方はTwitter内で検索し、Instagramがメインの方はそこで完結。Youtubeでも同じことがいえます。Youtubeの場合には、動画なので直感的にわかりやすいというメリットもあり、やはりYoutube内で完結してしまうことが多いのではないでしょうか。それ以外にも、様々な媒体があり、Googleを使う機会が以前より減っていることは間違いありません。

Googleで検索をした場合、SEO結果に応じて企業や信頼性の高いページが上位表示されますが、個人での発信は反映しにくくなってきています。ブログがオワコンという話は、何年も前から聞いています。ですが、一向にブログはなくならず、こうして私も毎日書いております。Google検索において個人ブログが検索されにくくなっている現状を考えると、オワコン化というのはまったくの見当違いというわけではありません。

個人ブログから情報を得たい時もあります。ニッチなレビューや感想など、個人ブログならではの情報です。ユーザーが少なくなればなるほど、ブログの情報は貴重です。ですが、検索できないのであれば、それらの情報はないも同然、検索する人は、探し出すことが困難となります。

ですが、共通の趣味の人がつながりやすいTwitterなどのSNSは、ニッチな情報の宝庫です。身近な街の情報から、趣味の話まで幅広く網羅し、発信のしやすさから、現在の情報インフラにおける主軸といっても過言ではありません。

かといって、SNSだけでは情報不足です。視認性の良さはWebの方がよく、情報量もまさっています。ですが、発信者は、見てもらわなければ意味がありません。どんなに有益な情報であっても、1人も見る人がいなければ無いも同然です。多くの人に見てもらうためには、見てもらう努力をしなければなりません。

見てもらう努力をまったくしない、そういったサイトに有益な情報があることは多いです。モノを買う売る以外の有益情報は、GoogleなどのWeb検索の中に埋もれてしまうのが現状ではないでしょうか。その点においては、TwitterなどSNSが優れていますし、共通の話題をもったユーザーがつながりやすいなどメリットもあります。

TwitterなどのSNSは万能ではありません。ブログの優れた点は多くあり、検索条件が同じであるならば、文字の制限がないWebサイトに軍配は上がります。ですが、文字が読まれにくく、画像や動画が好まれる世の中、気軽にできるSNSのほうが優勢なのは仕方が無いことかもしれません。

「どちらかにする」ではなく、ブログもSNSも、両方やるのが1番なんですけどね。私のように、個人ブログ好きの方には、さみしい時代になってきたのかもしれません。

以上、ぬむめでした。