ぬむめ ブログ

趣味の記録や雑記ブログ

また書く内容が思い浮かばなくて時間がない的な話



f:id:numume:20200819232043j:plain

マズイ、これはマズイ。

もう23時を回ってしまった。

なぜ、マズイのかと言うと、私は『ブログを毎日更新100日』チャレンジをしているのだ。

こんなことを、以前にも書いたような気がする。どの記事だったか、振り返る時間すらない。探しているうちにタイムリミットの0時を過ぎてしまう。

はてなブログには、『連続投稿日数』という項目があり、毎日投稿した数がカウントされる。

現在57日目なので、あと43日間、毎日ブログ記事を投稿しなければならないのだ。

前回の記事投稿から24時間以内ではなく、日付が変わる0時が期限らしい。このシステムのおかげで、前回の記事から24時間以上のタイムリミットをもらえる。はてなブログさんすばらしすぎる。

このチャレンジを始めてから、ブログを書く時間は大体2〜30分程度である。その程度の時間を作ることは簡単だが、書く内容を考えるのに時間をとられている状態だ。もちろん、画像など入れていては時間が足りない。すべてテキストで打ち込むしかない。

ブログの記事を書く内容に縛り(ルール)をつけていないのだが、「なんでもいい」となると、意外と書けないものである。文才がない、能力が低い、さまざまな要因がある。そこから絞り出して、何かを書くわけだから、このようにつまずくわけだ。

こうやって愚痴や言い訳をするのは簡単だ。スラスラと文字が打てる。20万文字くらい入力できるんじゃないか?というくらい、ハイパーウルトラ書ける。端から見ると「この人は一体何を書いているんだ?」と思われるほど、カタカタとキーボードを叩き続けられる。

誰かに依頼や、求められて文章を書いているわけではない。自分の意思で書いているのだから、内容はどのようなものでもかまわない。でも、自分の中で、「ある程度まとまりのある内容」というのを目指している。人様の役に立つ情報が一番だろうが、そんな情報は私の中に微塵もない。今、こうして書いているように、私の中にあるのは愚痴ばかりかもしれない。だが、自分で1度決めた以上は、100日連続更新を目指したい。「人には厳しく、自分には優しく」これが私のモットーだ。

こうやって、私ごときが、このブログで文章を公に出すことができるのは、ある自信があるからだ。

それは「たぶん、誰も読んでいない」ということ。

タイトルに凝るわけでもなく、最近は文章のみで画像すらアイキャッチしかない。出だしの文章もインパクトがなく、訳の分からないおっさんの日記だ。いくら私が個人ブログマニアだとしても、読む気がしないブログである。もしも、読んでくれている方がいるのであればうれしい限りである。でも、時間泥棒でごめんなさいと謝りたい気分だ。

それなのに、「なぜ書くのか?」と聞かれると、

私は、「書きたいからだ」と答える。

私は文章を書くのが得意ではない。だが、書くのは好きだ。

なので、書きたいことが思い浮かばず、こういう愚痴で1日分を濁してしまうのは心苦しい。たぶん、前回こういう記事を書いた時も、同じようなことを書いていると思う。私はアホだ。

そんなこんなで、1000文字付近だろう。まだまだ言いたいことがあり、書き足りないくらいだが、このあたりでやめておこうと思う。

明日も頑張ろう。

以上、ぬむめでした。