ぬむめ ブログ

趣味の記録や雑記ブログ

『ぬむめブログ』は一体どんなブログなのか的な話



f:id:numume:20170821215036j:plain

この『ぬむめブログ』は、どのようなブログなのか。

成分は、ポエム9割、その他1割、の割合でできています。

うれしいことに、最近見てくれている方もいると思いますので、軽く自己紹介とよく読まれている記事の紹介をいたします。

書いている人

書いている人は、おっさんです。北海道の札幌市に住んでいます。凶暴なママちゃんと、超ウルトラスーパーかわいい娘ちゃんとの3人住まい。お仕事は自営業で色々やっています。

趣味はエレキギターを弾くこと、いじること。現在は断捨離のため、使っていない機材を処分し、手元にあるギターは1本だけ。外で弾いたりバンドもやらず、家の中でひとり、ひっそりと楽しんでいます。好きなジャンルは古いヘビメタ系、ロック全般。最近はジャズに興味がでてきて、少しずつ勉強しています。ギターの改造や制作も大好きで、爆音鳴り響く電動工具が使えない環境の中、手動工具でギターを作ったりしておりましたが、最近はご無沙汰気味です。

アウトドアも好きですが、休日は海や山にいつもいる、というわけでもなく、たまに家族と楽しむ程度のものです。娘ちゃんが大きくなってからは、キャンプに行く会が大幅に激減。空前絶後のキャンプブームにより、どこのキャンプ場も混んでいるため、ブームが去るまではこぢんまりと遊んでいます。いつかはソロキャンプにでも行きたいなと夢見ておりますが、虫が大の苦手です。昆虫撃破担当の娘ちゃんがいないキャンプは難しいかもしれません。

よく読まれている記事

numume.hatenablog.com

『NORDISK SIOUX』のレビュー記事

北欧デンマークだっけな?海外製のテントです。ここ数年前から人気のキャンプスタイル『グランピング』人気から、注目のメーカーです。グランピングとは、豪華なリゾートのようなキャンプスタイルのこと。私が使っているテントは豪華というよりもワイルドよりです。もう7年目に突入しましたが、まだまだ現役で使っております。やはりコットンテントはいいですね、古くなっても味がでます。


numume.hatenablog.com

Fender Japan シリアルがなかった記事

私が使っているエレキギターは『Fender』という世界的に有名メーカーなのですが、Fenderの後ろに『Japan』と文字が入っています。本来『Fender』はアメリカで作られていましたが、日本のメーカーに「のれんわけ」された『Ferder Japan』というメーカーです。現在はJapanの表記がなくなったようですが、今も普通に売っています。では、なぜよく読まれている記事なのかというと、私がこのギターを買ったのは今から34年前、まだ昭和だった頃ですね。この頃に作られた日本製ギターは『Japanビンテージ』と呼ばれ、一部のマニアに大人気だそうです。使われている木材の関係か、音が良いとか、そういったこともあるかもしれませんが、エレキギターの製作ノウハウは現在の方が優れており、骨董品的な位置づけかもしれません。エレキギター本体にシリアルナンバーがあり、番号からおおよその製造年度がわかります。私は自分で楽器店から新品で購入したのでよいのですが、中古品の中には、価格をつり上げるためにシリアルナンバーなどが偽造されている品もあるそうです。怖い世の中ですね。


numume.hatenablog.com

娘が学校の授業で使う教材のせいで鞄が重いことへの文句記事

学校の荷物って重いですね。成長期の子供に毎日10キロ近い鞄を持たせ通学させてることへの不満を書いています。具体的な解決方法は書いていません。しかしながら、時代の変化からか、あと数年で荷物が軽くなり解決しそうな感じがしますね。持ち物の図解に「アサガオ」を書いてウケを狙ったのですが、「アサガオは毎日持ち歩かねーよ!」というツッコミが入らず、少々ヘコみました。


numume.hatenablog.com

痛ギター改造の記事

エレキギターのボディを「痛い」形に改造した経緯を書いています。作り方記事です。私の好きな「初音ミク」さんの形に改造し、木象嵌(もくぞうがん)という薄い木で模様を作る手法で製作しています。現在は手放してしまいました。こういった改造は大好きなので、そのうちまた作りたいと思っております。


numume.hatenablog.com

残念な仕様のギターをオリジナル風に復元する記事

私が現在も使っている『Fender Japan』のストラトキャスターは、私が初めて自分のお小遣いで買ったギターで、様々な改造がされていました。それを元の形っぽく直す改造方法などが書かれています。フレットの打ち替えやネックの塗装、ローラーナット取り付けなど、その方面からのアクセスが多いです。お金に余裕があれば、しっかりとしたリペアショップに出した方がいいですよ。フレット交換などはかなり面倒です。ですが、自分でギターに手を加えていくと、より一層愛着がわくものです。

終わりに

最近はポエム記事しか書いておりませんが、そのうち時間があるときにでも、色々書いてみたいと思っております。

ギターやキャンプ関連で、検索を通してこのブログに来ていただいた方が、他のページを見たときに、

「なんだこのポエムブログは!」

なんて思われるかもしれません。ですが、生暖かい目で見守っていただけると幸いです。

以上、ぬむめでした。