ぬむめ ブログ

趣味の記録や雑記ブログ

「いまさら」感がハンパない初音ミク(雪ミク)満載の雪まつりに行ってきた(娘が)的な話



小さい頃から毎年、雪まつり期間は1~2日雨が降るほど北海道の冬にしては「暖かい」イメージがありましたが、今年の札幌は氷点下の真冬日が続いております。

ぬむめさんは都合が悪く雪まつりに行くことはできませんでしたが、代わりに愛する娘ちゃんが雪まつりに行ってきました。そこで、実際に雪まつりに行っていない「ぬむめ」さんが勝手に問題点を作り上げて、暖かい部屋から文句を言ってみたいと思います。

【大雪像】『スター・ウォーズ』公開記念!白いスター・ウォーズ2019

f:id:numume:20190213014225j:plain

言わずと知れた「スターウォーズ」の大雪像です。

写真を見てわかると思いますが全体敵に「のっぺり」とした凹凸の少ないデザインで、制作コストがそれほどかかっていないように思われます。おそらく自衛隊の方々が作ってくれていると思うのですが、お金の面ではどうなんでしょうね?

くわしい事情はわかりませんが、おそらく「著作権」に関する料金がディズニーに対し発生していることでしょう。こちらの雪像は『UHB』という札幌のテレビ局が主催していることもあり、著作権にかんする料金は主催者側のテレビ局で行われている可能性もありますが詳細はわかりません。

海外からの観光客も多い雪まつりで、スターウォーズはどうなんでしょうか?造形のすごさは単純な構造からまったくなく「キャラクターありき」の雪像です。

スターウォーズ」はコンテンツとしての価値が世界的に低下していると言われています。そして、不本意ながら世界経済は中国を抜きには語れないご時世です。中国圏からの観光客がとても多く、街で中国語を耳にすることがとても多い札幌です。昨年(2018年)、中国で「スターウォーズシリーズ」の映画興行収入が予想より上がらず、いわゆる「大ゴケ」した話は記憶に新しい話題です。そこを「なぜ?」と疑問が残ります。

キャラクターの雪像はファンにはうれしいもです。しかしながら、海外のコンテンツを起用するのは「金の匂い」がプンプンするので、ぬむめさんはいい気がしません。

テーマの優先準備は 札幌 > 北海道 > 日本 > 世界 の順が本来の姿ではないでしょうか。

ソードアートオンライン 

f:id:numume:20190213014240j:plain

こちらは、前項のような「大雪像」ではなく、制作企業が関わっている中規模物ものです。

造形の「良し悪し」はともかく、日本のコンテンツであるアニメとタイアップした雪像です。札幌は「初音ミク」の故郷で、アニメコンテンツと縁がある街です。アニメコンテンツが日常に定着した昨今、アプローチとしては正しい選択だと思います。映画の宣伝も兼ねており「金の匂い」がしますが、ファンの来場もあることから会場を盛り上げる効果があるのではないでしょうか。むしろ「スターウォーズ」よりも、こちらの方を大雪像にするほうがよかったのではないでしょうか?

【大雪像】届いたあたり前が、届ける喜び。~今日も走るレッドベア~

f:id:numume:20190213014453j:plain

JRの貨物列車「DF200」(通称:レッドベア)と「EH800」という列車だそうです。

詳しくは存じませんが、全国に北海道の農作物などを届けているようです。

これは「さっぽろ」の祭りから、すばらしい題材のひとつではないでしょうか。と、いいたいところですが地味すぎます。ぬむめさんもこの記事を通じて「レッドベア」という貨物列車の存在を知り、少しだけおりこうにさんになりましたが地味です、地味すぎます。「スターウォーズ」と一緒になっていればよかったのではないでしょうか/(^o^)\

【大雪像】Hard Rock Family Live~初音ミク&戸山香澄 on Snow Stage~

f:id:numume:20190213014509j:plain

いまや札幌の代表といえる「初音ミク」と、スマホゲーム「バンドリ! ガールズバンドパーティ!」のコラボ雪像です。こちらも「金の匂い」がプンプンしますが、百万歩譲って札幌の地場産業初音ミク」さんが主体となっていますので許せます。

雪像初音ミクさんがもっている「北海道」の形をしたギターです。ギターを少し弾いたことがある人であればわかるとおもますが、ハイフレット部分が完全に弾けない形になっており楽器としては致命的です。ネックの部分は「釧路・根室」側にするべきです。世界遺産である「知床半島」の上にネックがあるというのは何か隠されたメッセージがあるのでしょうか?

スマホゲームは、いわゆる「ガチャ課金」が問題になっています。お金稼ぎの代表格みたいない印象を受けますが、そういったコンテンツが市の主催するお祭りにでてくるのは疑問が残ります。しかし、若年層の集客効果が高いことは間違いなく、娘ちゃんのこの雪像目当てに雪まつり会場に足を運んでいます。近年、雪まつりで名物となりつつある「プロジェクトマッピング雪像に映像を投影する)」も行われておりました。

初音ミク」の登場は2007年で、もう10年以上前のコンテンツです。雪像になるくらいですから、今でも現役で人気があるのは言うまでもありません。しかしながら「もっと早い段階で札幌で初音ミクをアピールできなかったのか」と残念で仕方がありません。以前ほどの勢いはなく、バーチャルユーチューバーに押されがちなのはご存じの通りです。

そのほかの雪像

f:id:numume:20190213014831j:plain

お城?これは大きめの雪像ですね

f:id:numume:20190213015138j:plain

こっちは完全にお城

f:id:numume:20190213015227j:plain

アラレちゃん?

f:id:numume:20190213015047j:plain

あらやだ、かわいい

f:id:numume:20190213014912j:plain

えっ?なにこれ?

f:id:numume:20190213014954j:plain

/(^o^)\

終わりに

近年はオリンピックも商業化されており、雪まつりのような祭典も商業化されるのは仕方がありませんし、資金面からも合理的であり、地域活性化にもなります。行政が関わるイベントが今後も商業化していくのは仕方がありませんが、地域と密着したものを優先していただきたいと、一市民としての願いです。

結論:初音ミクさんかわいい


以上、ぬむめでした。