ぬむめ ブログ

趣味の記録や雑記ブログ

【マジ便利】YAMAHAクリップチューナーYTC5 買って超使いやすいで良かったけど安すぎて日本経済が心配なレベル的な話



普段のギターチューニングは、シールド接続のBOSS定番チューナーを使っています。フレット交換とトラスロッド調節を行ったので、チューニングを合わせるのがとても大変。いちいちチューナーを接続したりするのが面倒なので、アコースティックギターでは定番の【クリップタイプチューナー】を生まれて初めて購入し使ってみました。



YAMAHA YTC5 クリップチューナー


今回購入したのは、YAMAHAのクリップチューナー【YTC5】という品です。

なんと1,058円!こんな安くて、日本の経済は大丈夫なのでしょうか?

f:id:numume:20170828050430j:plain

アマゾンで買いました。例によって商品の割に大きな箱で届きました。

f:id:numume:20170828050503j:plain

この 1/4 ほど位の箱で十分だと思うんですけど、この箱に入れる理由がアマゾンにはあるのでしょうね。ちょこちょこアマゾンでポチってますが、購入した商品が発送によって破損していたことが私はありません。やはり、この箱のおかげなのでしょうか?(運送屋さんのおかげです)アマゾンさんハンパないっす。

f:id:numume:20170828050655j:plain

YAMAHAクリップチューナーYTC5 さんです。

想像より小さくてビビリました。

さまざまなメーカーからクリップタイプのチューナーが販売されてますが、ヘッドに挟むのが一般的で、どれも小さい製品が多いですね。レビューを見るとこの『 YAMAHA YTC5 』はコルグの売れ筋クリップ型チューナーよりも1回り大きい感じだそうです。

f:id:numume:20170828050917j:plain

中身がこんな感じです。

電池が付いてました。ボタン型の薄いやつですね。

ちなみに500円玉はついていません。

私のお財布から出てきました(撮影後なぜか娘ちゃんの財布へ)。

f:id:numume:20170828050953j:plain

500円玉と比較するとわかりますが、マジで小さいです。そして軽い。

f:id:numume:20170828051040j:plain

液晶の後ろにクリップがついています。

ボタンが1つしか付いていません。

電源を入れるのと、チューニングモードを変えるのがこのボタン1つでおこなえます。

おっさんでも簡単に使えるよ/(^o^)\

f:id:numume:20170828051357j:plain

クリップ部分に保護素材が付いてます。挟んだ箇所にキズがつかないようにと、音を拾うピエゾみたいなのが入ってるんでしょうね。マイクは付いてないらしく振動を拾えない場合にはチューナーが作動しませんでした。挟まなければダメな仕様です。

f:id:numume:20170828051539j:plain

挟んでみました。

チューニングが合っていない状態だと画面がこの色です。

メーター針の液晶が真ん中になれば当たりという王道パターン。

f:id:numume:20170828051907j:plain

反応も悪くないです。連続して音を鳴らすと液晶表示が追いついてきませんが、チューニングを合わせる分には問題なしのレスポンスです。

f:id:numume:20170828052030j:plain

チューニングが合うと、緑色の画面に変わります。

暗闇でもバッチリ液晶が見え、画面がとても見やすいです。

さすがYAMAHAさんです。

f:id:numume:20170828052146j:plain

クリップが回転しますので、ヘッドの裏側にも取り付け可能です。

f:id:numume:20170828052308j:plain

こんな感じで、液晶表示が逆さになるような機能はないようです。

YTC5 良いところ

  1. シールドを刺さなくてもチューニングを合わせられるのはとても便利です。ギター・ベース・ウクレレのモードが付いていますが、クロマチックモードがあるのでそこしか使いません。

  2. クリップチューナーの中では『超小型』ではないので大きさが心配でした。結果はまったく問題ありません。そして本体が軽く液晶も見やすく反応も悪くないので、チューナーをギターに付けっぱなしでいられそうです。

  3. 時間が経つと電源がOFFになるのが地味に便利です。ほとんどの機種に付いている機能ですが、無駄な電池減りがなくなるので必須機能ですね。

YTC5 悪いところ

  1. 不満な点はありません。あえて無理矢理不満点を探すとしたならば、ピッチが440Hz固定なところでしょうか。ピアノ(グランド・アップライト等)や、アコースティック楽器と合わせるときや、場所や環境によってピッチを変える場合にこのチューナーでは対応できません。そのような演奏スタイルの方であれば、音をもらってチューニングを合わせるのは当たり前でしょうし、ステージ用の高性能チューナーも持っている方が多いと思いますので、クリップチューナーの欠点にはならないでしょう。

  2. あと、値段なりに精度が低いのもデメリットと言えなくもないです。誤差1セントくらいあるんじゃないでしょうかね?ソロの場合であれば全く問題ありません。弦楽器主体のバンドでも問題なし。アコースティック(ギター以外)の楽器がいるバンド構成だと、少し厳しーかな?と思いますが、そのような演奏スタイルの方であれば高性能な~、さっきも書きましたね/(^o^)\

YAMAHA YTC5 クリップチューナー まとめ


何コレ?

超便利じゃん/(^o^)\


あまりにも安すぎるので心配でしたが、超余裕で使えます。

マチュアレベルであればコレで十分!安心のヤマハ製。

反応悪くないし、メーター型液晶は暗い場所でも見やすい。



終わりに

私が子供の頃はチューナーなんて高価な物が買えるわけが無く、数百円で売っている音叉を使っていました。イマドキはスマホのアプリにもチューナーがありますね。操作性を考えるとスマホよりもクリップチューナーは本当に便利です。しかし値段が安すぎて日本経済がちょっと心配です。


以上、ぬむめでした。