ぬむめ ブログ

趣味の記録や雑記ブログ

はちゅねミクギターができるまで【その3】ピックアップのザグリ埋め



はちゅねミクギターの制作過程を解説します。その3です。

初音ミクではありません。はちゅねミクです。

今回は、ピックアップ部分などの不要なザグリ箇所を埋めていきます。

f:id:numume:20170501004434j:plain

前回の記事

numume.hatenablog.com

完成している物の記事

numume.hatenablog.com

前回に引き続き、色んな知らない用語が出てきますよ\(^o^)/

ギターを弾いたり作ったりしない限りは、一生使わない言葉ですので気にしてはいけません。

ピックアップのザグリ埋め

f:id:numume:20170502233235j:plain

ピックアップを1ハム構造にするため、Ibanezの特徴である『H-S-H構造』を全否定しフロントとセンターのザグリを埋めていきます。センターのシングルって使う人はいるのかな?Fenderストラトだと使いどころがあるのですが、H-S-Hだとハムからシングルに変わるので使いにくい印象がありますね。クリーンサウンドとか?少なくともRGみたいな歪み系ハードサウンドユースのギターだと使用頻度は少ないと思われます。H-S-Hデザインは発売当時すごく斬新でしたしね。ちなみに私はフロントピックアップすらあまり使いません/(^o^)\

ザグリに適当な大きさの木切断し、タイトボンドで接着したあと木工用パテで隙間を埋めていきます。

f:id:numume:20170502232954j:plain

埋める木とボディのザグリ接着箇所は、塗料を剥がしタイトボンドの食いつきをよくしております。

隙間を木工用パテで埋めるのですが、木工パテは肉ヤセ(乾燥すると体積が小さくなる)します。乾燥して凹みが出来たら再度パテを追加します。

木工用パテを使う注意点としては、埋める空間が大きい場合には、必ず木で埋めて木工用パテを使う箇所を最小限にすることです。木工用パテの面積が大きいと、時間経過とともにへこみができる場合があります。

f:id:numume:20170503001937j:plain

木工用パテは2種類使ってます。粘土みたいな、こねこねするタイプ(エポキシ系)と、チューブ状の容器に入ったタイプ(接着剤系)のもの。

こねこねタイプのパテは100円ショップで買った物。ホームセンターなどで売っている物も使ってますが、ダイソーで100円で売られている品と同じです。私が使った物がたまたま同じものだっただけかもしれませんが、少量であればダイソーで買う方がお得です。

チューブタイプのパテの色はタモ色で、そのへんのホームセンターで買った物です。これが慣れているので使いやすいです。安心のセメダイン製。




f:id:numume:20170502233956j:plain

木工用パテは、少し盛り上がるくらい多めにぬり、乾燥後にヤスリで平面にします。

f:id:numume:20170502234430j:plain

ヤスリをかけて平面になりました。

時間が経つと、木工用パテの部分が肉ヤセでへこんだりする場合は、同じ固定を繰り返します。ボディにある黒い線に見える箇所は、隙間ではなく元の塗装です。

ネックのジョイントにラッキーストライクの柄がありますが、デタッチャブルネックの調整に、ラッキーストライクの空き箱をシム代わりに使っています。

f:id:numume:20170502235208j:plain

型紙を貼り、ノコギリやヤスリなので形を整えていきます。

型紙のふちが完成のアウトラインになるので、2~3ミリほどマージンをとって大きめに切ってます。

初音ミクの首の下の穴が大変でした\(^o^)/

足の隙間や髪と足の隙間、ありとあらゆる隙間がめんどくさいです。

終わりに


写真がボケ気味ですいません。ヤスリやノコギリで体力を奪われ、手がプルプルしてたんだと思います。

次回へ続く


以上、ぬむめでした。



次回の記事

numume.hatenablog.com