ぬむめ ブログ

趣味の記録や雑記ブログ

新社会人必見!狙撃されない3つの常識と対策メソッド/アジェンダ



新社会人になった方は、そろそろ新しい生活に慣れてきた時期。すこしは気持ちに余裕ができたころではないだろうか。そんな中、意外と忘れてしまうのが、敵に狙撃される可能性があるということだ。

f:id:numume:20170429011831j:plain

学生より社会人の方が狙撃されるリスクが飛躍的に上昇するというデータある。社会人になるということは「お金」を稼ぐことでもあり、そのことが命を狙われる原因ともなりえる。そこで時間の無い社会人でも簡単にできる狙撃対策を書いたので新社会人の方は参考にしてほしい。


狙撃されないための3つの常識


狙撃される瞬間は突然やってくる。それを防ぐには「正しい知識」が必要だ。

肝心なことは狙撃されにくい状況を自ら作ることだ。敵はいかなる時も狙撃するタイミングを狙っているはずだ。そこで「狙撃されにくい状況」を作り出すことができれば敵もお手上げだ。そんな「狙撃されにくい状況」を作る三つの対策メソッドを紹介したい。

f:id:numume:20170429012335j:plain

高い建物の近くを歩かない

f:id:numume:20170429012129j:plain

スナイパーは相手に見つからないように狙撃のタイミングを待っている。高所からの攻撃は防ぎにくい。高層ビルが建ち並ぶオフィス街は高所からの狙撃に最適で、スナイパーにとっては最高のシチュエーションとなる。また高所から狙撃することによって、対象目標の頭部(ヘッドショット)を狙いやすくなるので、高い建物の近くを歩くのは非常に危険な行為だ。

「狙撃の可能性がある場所へは行かない」ことが重要だ。高い建物の近くは歩かず、見晴らしの良い広大なサバンナの草原のような場所を歩く習慣をつけておこう。

窓の近くに行かない

f:id:numume:20170429012450j:plain

狙撃手は外出している時だけ狙っているわけではない。室内にいる時も常に狙撃の対象としている。野外とは違い室内では標的となる対象物(あなた)が停止(立ち止まったり、座っていたり)する事が多いため狙撃されると致命傷となる。窓の近くでの行動は避け、カーテンはいつも閉めた状態が好ましい。

また壁から近い場所では、高威力のライフルで壁ごしに攻撃される可能性がある。できる限り壁から離れ部屋の中心部にいるよう心がけよう。

光が反射する物を持たない

f:id:numume:20170429012738j:plain

隠れていると思っていても、意外な行動で敵に居場所がばれてしまうことがある。身につけている腕時計やアクセサリーなどに光が反射し、敵に居場所を知られてしまうのが良い例だ。

スコープ(双眼鏡)で敵をサーチ(探す)場合も、レンズの光が反射しないように細心の注意が必要となる。もし光が反射し敵に気づかれてしまったなら、あなたは2秒後に被弾することになる。

敵に見つかった時の2つのアジェンダ

f:id:numume:20170429014403j:plain

敵に見つかっ場合は迅速に逃げる事が重要だ。しかしながら、新社会人は重大なミスしてしまう事が多々ある。それは直線的に逃げてしまうことだ。

敵から直線的に逃げると、狙撃手の狙いから左右にぶれることは無くなるため、走って移動していたとしても命中率は格段に上がる。したがって、逃げる際には必ずジグザグに走りながら逃げよう。いかにランダム要素を作るかが生存のキーワードになる。

これから書く2つのアジェンダで、安全をコミットメントする事を心がけよう。

物陰に隠れる

f:id:numume:20170429013056j:plain

とっさの状況では忘れてしまいがちな、物陰に隠れるという行為。

学生時代にストーカーだった方はわかると思うが、相手を追尾する時は物陰に隠れながら行うのが基本中の基本だ。敵から逃げる際も、物陰に隠れるという行為はとても有効で、敵は一瞬でもターゲット(あなた)を見失うことで、精神を動揺させ、射撃の精度を落とすことになる。

サバンナのように隠れる場所がない場合にはライオンの着ぐるみが有効だ。百獣の王が逃げるというのは絶対にあってはならない行為だが、その意外性で敵にイニシアチブをとる事ができる。

地面に伏せる

f:id:numume:20170429013748j:plain

物陰がない時や逃げる事が困難な場合、撃たれたダメージを最小限に減らす事が重要だ。地面に伏せることによって被弾面積を最小限にすることができる。

ここで重要なのが、急所(頭や心臓など)への被弾を避ける事。もし狙撃されいている方向がわかれば、そちらに足を向けることで頭部に被弾する確率を軽減でき生存率を上げることができる。

最近の若いビジネスマンは、敵を見ようとする意識から、敵の方向に頭を向け伏せる場合が多いと聞く。敵に足を向けて生存を優先することで、会社の上司からオーソライズされることだろう。

最後に

狙撃されないメソッド/アジェンダを紹介したが、1番重要なのは「狙撃されないこと」。他国の産業スパイになったり、会社の運命を動かすほどの重要機密を知ったりしないことが大事だ。

それでも狙撃されてしまった場合は、この記事を参考にしてほしい。

以上、ぬむめでした。