ぬむめ ブログ

趣味の記録や雑記ブログ

桜を探しに札幌旭山記念公園を散歩しに行ってきた



悪天候が続いていましたが、久々に天気が良くなりましたので近所の『旭山記念公園』に早咲き桜でも咲いていないかと散歩に行ってきました。しかしながら、桜が咲く以前の問題で、気温学光ったせいか道ばたに咲く花すら咲いていませんでした。

『旭山記念公園』は、札幌を舞台としたテレビドラマや映画などに使われることが多い人気の観光スポットです。広大な敷地内には噴水や山道コースがあり、休憩スポットとして売店自動販売機もあります。札幌市内を一望できる夜景スポットとしても有名で、夜には夜景を楽しむ観光客やカップルで賑わうスポットです。

歩道が整備されているため、昼間は景色を楽しむ観光客だけではなく、犬の散歩をしている方がとても多いことでも有名です。近所の人はもちろんのこと、自動車で遠方から犬を連れてくる人も多いとのこと。そのためか珍しい犬種を見かけることも。


f:id:numume:20170424010107j:plain


『旭山』という名の通り山全体が公園になったような地形です。大型バスも駐車できる大きな無料駐車場があり、公共バスも通っているので徒歩でのアクセスも良いです。しかしながら、市内中心部の主要交通手段である地下鉄や路面電車の駅からは距離が離れているため、バスを使わずに最寄りの駅から歩く観光客がヘトヘトになりながら『旭山記念公園』に向かう姿を見ることがあります。街の中心部からはバスやタクシーで行くことをオススメします。

札幌の街を一望できる夜景スポットとして、日本の三大夜景に選ばれた藻岩山が有名ですが、旭山記念公園は入園料がかからず気軽に来ることができ、駐車場は閉まっていますが徒歩であれば深夜や早朝でも札幌市内の景色を楽しむことができます。

f:id:numume:20170424010727j:plain

f:id:numume:20170424011003j:plain

日が沈む前に帰ってしまいましたので夜景の写真がありません。以前撮影した画像ですが夜はこのような景色になります。撮影したのは3月頃で雪がまだ残っています。

カップルが夜景を見やすいようにベンチも整備されており、雨が降ろうがヤリが降ろうが、いかなる天候でも必ずカップルがいるほどの札幌市内定番のデートスポットです。

私が若い頃は、海で女の子をナンパして『旭山記念公園』で夜景を観て、いい雰囲気になり〇〇〇な展開が定番だったのですが、歳を取った現在では散歩がメインになり、夜景が綺麗な夜間よりも日中に来ることが多くなりました。

いたるところにカップルがいるのですが、付き合って日が経っていない、これから告白しようかなという雰囲気のカップルが多い印象です。付き合い始めて日が浅い二人には朝日山公園は最適なのでしょう。熟練カップルはサクッと景色を観て、短時間で帰っていくことが多い感じがします。熟練された二人の間には、時間をかけて多くを語ることは必要ないのでしょうか。そのような人間観察も公園散歩の楽しみの1つかもしれません。

f:id:numume:20170424011311j:plain

夏場の観光シーズンには、公園内にある鐘を鳴らすことができます。雪が積もる冬期間は鐘を鳴らすためのひもが付いておらず、雪玉を作り鐘に投げぶつけ鳴らす観光客の姿を見ることができます。

f:id:numume:20170424011550j:plain

歩道が整備されており公園内の森をを散策することができます。ですが、夏場は昆虫天国になるため虫が苦手な方には険しい道となります。

f:id:numume:20170424011725j:plain

公園内にある売店は冬季間は営業していませんが、雪が減り最近になって営業再開したようです。ソフトクリームなど販売していますが、本日は晴天ですが気温が7℃しかなく、さすがにソフトクリームを食べている人は見かけませんでした。周辺に所々雪が残っている中でアイスクリームは食べませんね。

f:id:numume:20170424012229j:plain

バイクで来場している方も何人か見かけました。北海道の今時期にバイクの運転は寒いと思うのですが、晴れた日にバイクに乗るのはさぞかし気持ちがよいでしょうね。私はバイクの免許を持っておらず取りたいと家族を説得し続けて8年が過ぎました。

『旭山記念公園』は、景色が良く自然豊かな素晴らしい公園です。しかしながら、美しい夜景を見ることができる夜間は、カップルがとても多いので「リア充爆発しろ」系の方々には茨の道です。どこを見渡してもカップルだらけで家族連れも気まずい雰囲気になるのか、すぐに退散してしまうようです。恋愛絡みで傷心の方は行かない方がよいかもしれませんね。


以上、ぬむめでした。