ぬむめ ブログ

趣味の記録や雑記ブログ

機材整理のため【はちゅねミク】仕様の痛ギターがヤフオクに売りに出される的な話【痛ギターまとめ】



夏頃から、ひたすら倉庫整理をしており、あともう少しですっきりさっぱりに。

手持ちの機材(主にエレキギター)も使わない個体は処分しており、とうとう断捨離の魔の手が痛ギターに/(^o^)\

最近はFenderJapanのストラトばかり弾いています。はちゅねさんはインテリアと化してきましたので、弾いてくれる人に使って欲しいな~。

ということで、現在【ヤフオク】にて出品中です。URLは後で消すのが面倒なので貼りませんが、エレキギター本体のアイバーニーズカテゴリに1,000円で出品してます(・v・*

こちらのブログを見てくれている方もいるようなので、はちゅねミク仕様の痛ギターのまとめです。

完成したページ

まず、完成形(4年前)

numume.hatenablog.com

つい最近まで、リビングに置かれ弾きまくってました。ボディが変なカタチですが意外と弾きやすい。あぐらをかいてダッコする感じで弾くと弾きやすいです。

客観的にみると、はちゅねミクを抱っこしているカタチになるので、周りの理解がないと使用は難しいかもしれませんね\(^o^)/

改造前の姿や設計などのページ

numume.hatenablog.com

元のイバニーズ(今はアイバーニーズだっけ)の改造前画像があります。

知人からもらい物のギターで、型番などは不明です。ジョイントと22F仕様なので、RGシリーズの廉価版でしょうね。もともとフロイドローズタイプが付いていましたので、1万円台ということはないでしょう。3~4万くらいだったのではないでしょうかね。元のボディはアガチスっぽい感じがしますが不明、バスウッドかも。

ボディ制作のページ

numume.hatenablog.com

その辺に落ちていた木を使ってボディを形成しています。しっかりと接着しポリウレタン塗装なので、ボディが歪んだり壊れたりすることなく現在も使えてます。若干、表面にデコボコが出来てきたかなーという程度に収まっています。

現在の姿

f:id:numume:20171114220947j:plain

細かいキズは増えましたが、元気でやっております。

ピックアップのザグリ埋めなどのページ

numume.hatenablog.com

極力パテを使わないように木材を使ってます。おかげで現在も陥没することなく、可愛い姿です。

ボディ背面制作のページ

numume.hatenablog.com

色んな木を隙間に埋め込んでおります。突板で覆ってますので、ボディが割れる事もないでしょう。特殊なボディ形状なので、はちゅねミク頭部が重くならないように、軽そうな木材を使ってます。

ボディ柄の制作ページ

numume.hatenablog.com

このギターを作る上で一番楽しめた箇所です。そのうち新しいのを作りたいなーと思い、買い物ついでに突板(薄いペラペラの板)を探したりしています。

顔のほっぺ部分と、服のネクタイ部分、顔の輪郭など、細かい箇所が大変でしたが楽しめました。

ボディの調整と裏側の突板接着のページ

numume.hatenablog.com

ボディ表面の調整と、電気工具による穴開けなど。

家庭の事情により、大がかりな電動工具は使えません。唯一使える工具が電動ドリルとドレメルです。電動工具使うと色々作るの速くて正確なんですけどね。トリマーとか使って楽したい/(^o^)\

ジャック部分とエスカッションのフタ制作のページ

numume.hatenablog.com

エスカッションとジャック差し込み口部分の作成ページです。

正面から見える箇所なので、キチンと作ろうと思いましたが、なかなか大変でした。

ちなみにジャックは、はちゅねミクさんの頭に刺さる感じで設置されています。ボディ下側か裏側にするか悩みましたが、座って弾くとき邪魔にならない上部に付けております。

との粉を塗るページ

numume.hatenablog.com

完全に失敗でした。一度との粉を使ってみたかったので使いましたが、完全に失敗です/(^o^)\

ウレタン塗装は捨て塗りだけでいいですね。勉強になりました。

下塗りとボディサイドの塗装ページ

numume.hatenablog.com

サイドは「漆(うるし)塗り」風の水性ウレタンです。これがまたイイのなんのって!DIYで色々な物に塗りまくってます。漆塗り黒はかなりオススメです。

との粉が原因で、塗装に失敗してますので、やり直しています/(^o^)\

本塗装と配線など仕上げのページ

numume.hatenablog.com

表面はキアイ入っていますが、裏面は結構やっつけられています。

裏面の配線フタのネジが手持ちになく、その辺に落ちていたビスを使っています。問題なく付いているのでいいかなっ/(^o^)\

配線はその辺に落ちてた線をつかってます。コンデンサとかは分かるけど、線で音って変わる?私にはさっぱりわかりません(・v・*

制作当時はビカビカでしたが、今もソコソコビカビカです。

お手入れはカラ拭きするだけ!ビバウレタン(・v・*

今回、このギターを手放すにあたって、一番惜しかったのがピックアップ。

f:id:numume:20171114221152j:plain

これです。

これ、私が中学生のころ(30年以上前)に地元の楽器屋さんで買ったんですけど、すげー思い入れがあるんですよね。今は定番の品ですけど、当時は超高いレスポールにしかついてなかったんじゃないかな。1ドル280円くらいだったしな/(^o^)\

音が凄い気に入ってるんですよ。メインはEMG81ばかり使ってました。しかし、サブギターにはトラブルレスな、このダンカンを付けてました。その辺に落ちてるピックアップに付け替えてオークションだそうかなーと思いましたが、面倒なのでそのまま付けときました。

ピックアップの裏側に「これでもかっ!」というほどロウ(お盆やSMに使うロウソクのロウね)がついていて「え?アメリケンなピックアップってこんなにロウついてるの?」とビックリしたものです。

今のダンカンは表面に【Seymour Duncan】と書かれていますが、昔の方がよかったな。最近のダンカンは弾いた事ないので音はわかりません\(^o^)/

終わりに

肩の部分などで、身体にストラップを固定できるような工夫があれば、ネック落ちを克服し、立って引けると思うんですけどね。テクニカル系ではなく、コードなどサラッと弾くくらいのバンドならネック落ちカバーできるかもですね。

いろいろ雑なところや、裏のフタなどヤッツケ作業の箇所もありますが、1,000円から安く出品してますので許してね(・v・*


以上、ぬむめでした。