ぬむめ ブログ

趣味の記録や雑記ブログ

「保毛尾田保毛男」批判への批判、的な話【長文批判注意】



フジテレビマジすげーな/(^o^)\

私は放送を見てないです。でも「保毛尾田保毛男」は知ってます。

そして批判が来てフジ社長が謝罪したというのもビックリ。

news.yahoo.co.jp

「昔のテレビは面白かった」と言うけど、SNSなどで批判が集まりやすくなり、危ないことやタブーに敏感になってしまったという。

俗に言う、

「最近のテレビは面白くなくなった問題」

ってやつに繋がるんですよね。

私はおっさんなので、とんねるずもリアルタイムで見てた。でも、昔の時代のテレビ世代が無法地帯だったワケでもないんだよね。

昔の話ですが私が子供の頃、学校で【見てはいけない番組】というのがプリントでよく配られてました。

私が小学生の頃の話だけど、土曜の8時は【TBS 8時だよ全員集合】と【フジ 俺たちひょうきん族】というのが同時間帯に放送していた。

学校で配られたリストに【俺たちひょうきん族】がありましたよ。

ドリフターズは子供の絶大な支持を受けていたので、「見てはいけないリスト」から除外されていたんだろうね。「俺たちひょうきん族」は大人向けで、危ない事やセクハラまがいな事が盛りだくさんでしたからね。当たり前といえば当たり前。

でも、私はこっそり兄と「ひょうきん族」を見てました。親に内緒で、ほんとこっそりとね。

とんねるずの番組は、「夕焼けニャンニャン」始まり、すべて「見てはいけないリスト」入りしていたでしょう。とんねるず全盛期の頃、私は中高生だったので、そのようなリストはなかったけど、小学校では「見てはいけないリスト」に入っていただろうね。

制作者側も、小さな子供が見ることを想定していなかったろうし、思春期を迎えた少年少女が、親の目を盗んでこっそり見ていたんじゃないかな。リアルタイムで見ていた世代は分かると思うけど、とてもじゃないが「ひょうきん族」や「とんねるず」の番組を親と見ることなど、恥ずかしくて出来なかったよ。

私は、とんねるずの「保毛尾田保毛男」でホモという存在を知り、

「男が男を好きな人なんているんだな」

と学んだ。

正直な話、キモイと思ったし「保毛尾田保毛男」は笑った。

学校で「見てはいけないリスト」があったように、私が若いときの大人は、

「バラエティ番組なんでくだらない、見ちゃダメだよ」

と言ってたし、学校や親がそういう番組を見せないようにしていたんだよね。

でも、こっそり子供は見ちゃうみたいな。

昔から、ダメな番組を大人は分かっていたし、見てはいけないと言ってた。テレビは無法地帯のようだとわかっていたし、みんなそれを知っていたんだよね、大人も子供さ。

抑止する大人が少なくなり、今みたいなテレビになっちゃったんだよね。危ない事するな、ハラスメント行為するなってね。

でもさ、イケないことを見て、反面教師で学ぶことって多いと思うんだよね。

エロいのもそうだよね。

今はネットで簡単に、おま○ことか、おち○ちん、見ること出来るけど、ネットが普及する前は、マン毛でさえ秘密のベールに包まれていたよ、実際はおパンツに包まれてたんだけどさ。

子供の頃、深夜のエロコーナーなんて、テレビのボリューム最小限に絞るかイヤホン付けて、おっぱいみたもんだけどね。朝は再放送の「まいっちんぐマチコ先生」ね。親にバレたら自殺モノのタイトロープだよ。でも、学生時代にエロビデオなんて借りることできないし、エロ本も都合良く河原に毎回落ちているワケじゃないし、そうすることしか出来なかった。

「俺、ネットでエロいのしか見ないんだっ!」

って人に言い回っている人なんて希な人だし、ほとんどの人はこっそり見てるんだよね。未成年は、スマホで親に隠れてこっそりエロいの見てるんだよ。

自分の親に

「俺、スマホでエロいのしか見ないんだっ!」

なんて少年いたら怖いよね。

イケないことではないともうけど、人に知られるのは恥ずかしいモノだよね。顔を合わせないネットの繋がりでは言っちゃうんだろうけどね。

今も昔も18歳未満はポルノ規制が法律で禁止されている。いつの年代も、見てはイケないのが分かっていても、見ちゃう気持ちってあるんだ。

今の時代は、簡単にネットでAVとか見れちゃうから、AVの知識で女の子が痛がるようなプレイするようになったという話を聞いたことがある。「草食男子」のように、ネットでエロいの見過ぎて性欲無くなったりって人も多い、と見たことがある。ネットは観るのを止める人がいないと見放題だからね。ネットの世界にも18禁にしたりと、一応抑止力のようなモノはあるけど見ちゃうよね、クリックしたら観れるもん。

テレビより、ネットのほうが倫理的に無法地帯のようだと言うことに異論がある人はいないと思うけど、ネットの普及率を観ても、いまはテレビを見る人口よりも多いんじゃないかな。ネットやスマホは回線料払ってるのに、無料のテレビだけ文句言うのって、なんかヘンだよね。

すべてクレームにより、テレビは面白くなくなった。

いつの日からか、テレビから「ホモ」という言葉が消えたように、テレビから「おっぱい」が消えたんだよ。深夜のエロいコーナーも無くなり、おっぱいポロリがない芸能人の水泳大会みても面白くない。

でも、

「不快な表現のバラエティ番組の何が楽しいんだ!」

って言われるんだよね。普通の観ても面白くないんだよ。ウソくさい。

「無料で放送されているフィクションやバラエティに文句言うなよ」

って言ったらダメなんですよね。知ってます。

イジメもなければ、差別もない。そんな世界はこの地球上にどこにもないんだよね。そんな事が無い世の中が理想なのかな?意識高い系の人はそうならないことを知ってるんじゃないのかな。

だから私はテレビをあまり観ない。フィクションでもバラエティであっても、ウソのウソがある。ウソくさい。

今の若い世代は、社会に出たときにびっくりするんじゃいかな。

ネットではこう書いてたとか、イジメられたとか、差別をうけたとかさ。

「なんか思っていたのと違う」

ってね。

今も昔もかわらずイジメはあるし、差別もある。セクハラだって少なからずあるよね。そういったトラブルを回避する事がしやすくなっただけで、絶対にゼロにはならないと思う。

ネットは自分の好きなモノだけ見れるけど、テレビって番組見始めちゃうと強制的にみせられちゃうからさ。

とんねるずの番組だって、人によっては「イジメ」みたいに見えるんだよね。そういうのを見て免疫できるってこともあるだろうし、ホモ差別にしても「そういう事もあるんだな」と私のように思う人もいるんだよ。

でも、ダメな番組はダメなんだよね、死人出るとかさ。でも、おっぱいに罪はないんだよ。

そして、

「おっぱいなんて、女性蔑視よ!」

って言われるんだよね。

「おっぱい観れないなんて、男性の人権侵害よ!」

って言ったら怒られるんだよね、知ってます。

そういった「ダメな番組」やめるんじゃなく、保護者が学校が禁止すればいいんだよ。禁止してるのに観るヤツは、それなりの覚悟があるんだろう。

昔と違って、そういった抑止力が無くなったから、こうなっちゃったんだろうね。

今回の問題の解決方法は、何でもかんでも【やめる】のではなく、映画や書籍のように、

「不快な表現やハラスメント行為が番組内容に含まれます」

テレビは番組始まる前にテロップいれればいいんだよ。

そうすることで、見たくない人は見なくて済むからさ。

ただ、イジメもホモ差別も性差別も人権差別も、現実に起きている問題なんだよね。それを全部隠しちゃうのは、なんだかおかしいよね。都合のイイ物ばかり見せられても、リアル感がまったくない。

直接的な差別表現や、個人への誹謗中傷はダメだと思うけど、抽象的な表現は憲法で保障されている表現の自由や、そういう芸でご飯食べてる芸人への差別になるんじゃないかな。落語でも歌舞伎でも差別表現あるしね。テレビ局と憲法の私人間効力とかの話は無しね。

でも、観覧制限のテレビ番組だとスポンサー付かないだろうな。NHKでおっぱいモノの番組やればいいだよ。

今回批判してる人たちに、一番聞きたいのは、

「一番好きなテレビ番組は何ですか?」

と聞いてみたい。

「テレビ観てないから」

とか、

「うち、テレビ無いからさ」

という人ばかりじゃないのかな。

「保毛尾田保毛男」を見てたのかな?ラピュタ見て「バルス」ってツイートしてたりしないよね?

もし、見ていないのなら批判するのはなんか違うよね。

「大手テレビ局が放送したことがいけないんだ」

なるほど、そうですね。知ってます。

病気や障害の方のLGBTで苦しんでいる方は気の毒に思います。

ですが私はホモが嫌いです。

10代の頃、ホモ野郎にレイプまがいのことされたんだよ。

ヒョロヒョロのホモさんなら戦えるんだけど、超ガチムチ系でさ、マジで怖かった。ち○こ触られたよ。超トラウマ/(^o^)\

とりあえず、ち○こ握られた程度で済んだからよかったけど、それからホモさんは超ムリになった。マジでこえーぞ、ノンケで襲われるのってさ。本当に死ぬかと思ったよ。

だからといって、LGBTを差別するつもりはないし、みんなそういう人ばかりじゃないというのも知ってます。

でも、そういうのが目に入って、私個人の気分が悪くなったので書きました。

私みたいな経験をした人でも、

「ホモという字を見るのが気分悪い」

と言っちゃダメなんですよね、知ってます。

でも、LGBTの方々はもうちょっと心広くてもいいんじゃないかな。もちろん心広い方々が大半なのも知ってます。

とんねるずは落ち目と言われてますが、がんばってほしいな。

私がテレビカメラが1千万することを知ったのも、ホモという存在を知ったのも、とんねるずだったよ。未だにアホなことやってる、とんねるずってすごいね。

でも、今回はタカさんチェックされるほうになっちゃったね\(^o^)/

終わりに


おっさんの超チラシの裏です。


以上、ぬむめでした。