ぬむめ ブログ

趣味の記録や雑記ブログ

【誰も私を止められない】今まで内緒にしていましたが、ぬむめさんは一度も止まった事がありません的な話【絶対静止】




この話は墓場まで持って行こうと思っていました。


絶対に止まらないぬむめさん

実はぬむめさんは1度も止まった事が無いんですよ。

たとえば、警察官に、

「そこのおっさん!止まりなさい!」

と、言われても止まった事がない。

付き合ってる彼女のコンタクトレンズが床に落とした時、

「やばっ、コンタクト落ちた、動かないでっ!」

と、言われたとしても止まらない。

絶対に止まらないんです。ぬむめさんは。

他の人から見ると止まっているように見える

たとえば、警察官に停止を求められた際に、警察官には私が止まっているように見えます。コンタクトレンズを落とした彼女から見ると、私は止まっているように見えるはずです。

ですが、現実には止まっていないです。

ナゼでしょうか?

それは地球が回っているからだよ/(^o^)\

地球さんは、北極点と南極点を中心にグルグル回っています。なので、私が止まっているように見えたとしても、地球の自転により超高速で動いているんです。

でも、そばに居る人には、警察官に停止を求められたときに私は両手を上に上げて止まって見えます。コンタクトレンズを落とした彼女には、私が足だけ動かさなければ良いだけなのに、なぜか手も謎の形で停止しているようにみえるんです。

本当は地球の自転で超高速に移動してるんだけどねっ!

本当はもっと超移動しているぬむめさん

地球さんは自転だけしているワケではありません。太陽の周りを地球さんは公転しています。

地球の自転のスピード + 太陽の周りを公転スピード で動いているんです、ぬむめさんは。

地球さんの赤道付近だと、ぬむめさんは時速1,700kmくらいで移動しています。日本の高速道路の最高速度が時速100kmですので、それより17倍も速く移動してます。

太陽の周りを地球が回っているスピードが、およそ時速108,000キロメートル。東京ドームに換算すると、とんでもない数になりますね。東京ドームは速度関係ないか。音の速さが時速約1200kmだとすると、およそ90倍の速度。

ぬむめさんは常に音速を90倍以上超えたスピードで移動しまくっているということです。超ソニックぬむめさんです。

内緒だけど、実はもっと速いぬむめさん

宇宙って、外に向かってどんどん広がってるんだって。

どこから見て宇宙が広がっているかというのはわからないんだけど、地球から遠い星は光より速いスピードで遠くに広がってるんだって。

あれ?ぬむめさん光の速度超えちゃったよ。

実際には、警察官やコンタクト落とした彼女から見たら、ぬむめさんは止まって見えるよね?光より速いスピードで移動してるのにさ。

でもね、地球から一番遠い星の人から見ると、ぬむめさんの移動速度は光のスピードを超えちゃってるんだよ。難しいお勉強の世界では、光のスピードを超える事はできないらしいです。でも超えちゃってるよ。マジスゲーな超高速移動ぬむめさん。

あれ?移動しまくってどこに居るのかわからなくなった

超移動しまくってるぬむめさん。狭い範囲でなら、どこにいるか大体わかるんだよ。住んでる住所とか家の中の部屋とか、そんな小さな場所じゃないよ。太陽系の中の位置ね。

でも、宇宙さんは膨張していってるんだよ。光より速いスピードでね。

地球から観測して宇宙が広がっているのが解るんだけど、まさか地球が宇宙の中心だなんて思ってる人うぬぼれやさんはいないよね。どこを中心に宇宙が広がっているかなんて、ぬむめさんには解らないんだよ。偉い人は知ってるのかな?

そんなんだから、ぬむめさん本当はどこにいるのか解らないんだよ。宇宙全体から見るとね。

タイムマシーン

ぬむめさんタイムマシーンで子供の頃に戻ったんだよ。無事にタイムスリップは成功して子供の頃の時代に戻ったのはいいんだけど、住み慣れた家にいるわけでもなく、両親はおろか誰ひとりと人間を見る事は無かったよ。なぜなら宇宙空間にいたからね。年代は昔に戻れても、宇宙が広がって地球が移動しちゃっていて、銀河系の外にいたよ。どこはここ?だれは私?

という事になっちゃうね、タイムマシーンはさ。

超移動しちゃってるからね。タイムマシーンはSFの世界だけの話だと思うと、おじさん超がっかり。

これからも移動しまくるぬむめさん

今日も光より速いスピードで移動しているぬむめさん。

今、近くにいる人から見たら、椅子に座ってパソコンいじっているおっさんだけど、本当は超移動していて、絶対に止まる事は無いんだよ。

マジでアインシュタインって凄いね/(^o^)\

終わりに


朝から何書いてるんだ私は\(^o^)/

納豆で朝ご飯食べます。


以上、ぬむめでした。