ぬむめ ブログ

趣味の記録や雑記ブログ

【FENDER JAPAN改造】フレットのすり合わせとネック塗装・悲劇への序章・その3【地獄の作業】



改造されたフェンダージャパンのストラトを、元のスタイルに改造しなおす企画、その3です。

前回に引き続き、ネック周りの作業です。フレットを打ちましたので、エッジ処理とフレットのすり合わせ、指板の塗装作業です。


前回の記事はこちら

numume.hatenablog.com


フレットを打ち終わりましたので、地獄のすり合わせ作業の始まりです。

なぜ地獄?かと思われるかもしれませんが、非常に面倒なのです/(^o^)\


マスキングで指板保護


f:id:numume:20170821043156j:plain


指板をすり合わせていく前に、指板をマスキングテープで保護していきます。フレットを削った際に出る鉄の粉が指板に付くと非常にとれにくく、指板が黒く汚れてしまいます。

汚れ防止のために、メイプル指板のネックは塗装してから、すり合わせする場合もあります。


f:id:numume:20170821043219j:plain


指板をすべて保護します。ヘッドの部分は塗装が残っていますので、削りカスが付いてもとれますが、ペグ穴やナット部分は汚れてしまします。しっかりとマスキングテープで保護をします。


フレッドエッジ処理


f:id:numume:20170821043238j:plain


エッジを削る便利な専用工具があるのですが、今回は手動で削っていきます。

通常はエッジに45度くらいの角度を付けると思います。ビンテージタイプのストラトを使用している人ならばお分かりかと思いますが、弦落ちを防ぐため、50度~60度位の角度になるように削っていきます。少しでも1弦のスペースを確保するわけです。弦落ちもなれればどうということはないですが、少しでも引きやすい環境を整えていきたいところです。

角度がきつめの専用ジグを作って作業した方が良いのですが、面倒なので手動でやっちゃいます/(^o^)\


f:id:numume:20170821043258j:plain


大まかに削りましたら、直線が出ている水平の板に紙やすり(240番)を付け、均一になるように削ってそろえていきます。私はアルミ板を使っています。

安物の鉄ヤスリよりも、紙やすりのほうが綺麗に削れます。詳しい名前はしりませんが、紙やすりは茶色いタイプよりも、白いタイプが良いです。


エッジが綺麗にそろいました。あとは指に引っかかりができないよう、端をヤスリで丸めていきます。

さらっと書いてますが、21フレットX両面 で42カ所もあるので、ものすごく大変で手間と時間がかかります/(^o^)\


すり合わせ


f:id:numume:20170821043401j:plain


アールの付いた板に400番の紙やすりを付け、さら~っと擦ります。この板だけですり合わせをすると、ほぼ間違いなくフレットの両端(6弦1弦)が多く削れてしまいます。ですので、さら~っと擦る程度です。


目視や鉄製定規などで、綺麗にならんでいるか確認します。

一度、弦を張ってみて、音が出ないフレットをチェックするのが確実です。ロットを緩めていますので、弦を張るとネックが順ぞりになります。音のツマリや出ないポイントを徹底的に探します。


すり合わせをやっている画像を取り忘れました\(^o^)/


f:id:numume:20170821043444j:plain


本格的なすり合わせは、鉄のまっすぐの板でやります。私はL字アンクルに紙やすりの400番をつけすり合わせます。一カ所だけ削れないように、慎重に全体を削っていきます。


フレットのトップを丸く削る


音が出ないフレットを調節しつつ、フレットを丸く削ります。


f:id:numume:20170821043513j:plain


このようなフレットを丸く削る専用ヤスリで削っていきます。


が、しかーーーーーーし!


これだけでは大抵フレットのトップも削れてしまい、高さが合わなくなります。

あくまで、軽く合わせる程度で削っていきます。ガシガシやると、フレットのトップも削れて大変なことになります。


弦を張ってはフレットを調整し、なんども調節していきます。すごいめんどくさいよ\(^o^)/


指板塗装


f:id:numume:20170821043714j:plain


クリアラッカーを吹いて一発で終わらせたいところですが、ヘッドやネック裏など塗装をはがしていませんので、クリア塗装だと色が合いません。

ラッカーで色を調合してエアガンで吹けば良いのですが、我が家はシンナー系禁止でエアブラシも持っていません。なので筆で塗っていきます。


f:id:numume:20170821043728j:plain


【ニスを塗る娘ちゃん】


f:id:numume:20170821043847j:plain


それほど違和感無く色が付きました。5回ほど塗っています。


フレットトップを丸める


弦を張り、自分が納得のいくまで、すり合わせ調整が終わりましたら、フレットのトップを丸めていきます。


f:id:numume:20170821043914j:plain


フレットを油性マジックで色を塗っていきます。マスキングテープなどで指板を保護するのをお忘れなく。


f:id:numume:20170821043934j:plain


細めのヘラに紙やすり400番を両面テープで貼り、フレットの中央(一番高い場所)が残るように削っていきます。一番高い場所を削ってしまうと、すり合わせを最初からやり直しになりますので、細心の注意を払います。

この作業は、直接サウンドに影響してきますので、慎重に丸く削っていきます。


f:id:numume:20170821043954j:plain


画像は分かりやすくするために、フレットトップの線が太いですが、実際は髪の毛2~3本ほど黒い部分を残して削ります。絶対にトップの黒い線が消えてはダメです。


f:id:numume:20170821044035j:plain


黒い線を削っていきますと、自然にフレットは丸くなっていくはずです。フレットのトップがしっかりと残っていれば、丸くなくても音には影響しません、しかし見た感じがダサくなります。

最後に、金タワシでゴシゴシして、トップの黒い線と細かい傷を消します。ゴシゴシしすぎてフレットに傷をつけたり、トップを削りすぎないように注意します。


21フレットまで全てやっていきます\(^o^)/


フレット・指板磨き


f:id:numume:20170821044109j:plain


フレットと指板をコンパウンドで磨いて完成です。

私は車用のコンパウンド、粗め、細め、極細の三種類を使っています。

次回へ続く。


次の記事

numume.hatenablog.com


終わりに

サラッと書いてますが、かなり時間がかかる作業です。ネックや弦をつけたり外したり、削っては直しの繰り返しです。ものすごく手間がかかりますが、完全に自分好みに調整ができるのが良いところです。


フレット交換は、慣れるとそれほど難しくありませんが、道具を揃える金額と作業時間を考えると、堅実にリペアショップに頼む方が良いかもしれません。

自分でフレット交換作業をする最低限の条件として、ギターを全て調節出来ることが必要です。チューニングやオクターブ調節はもちろんのこと、トラスロッド調整やフレットすり合わせ、ネックの仕込み角度やナットの調節、その他もろもろと、理解して調節できる必要があります。


フレットを打ち替えますと、しばらくの間はネックの状態が安定しません。リペアショップでフレットを打ち替えても、一週間ほどで狂ってしい、再度調整が必要になる場合があります。これはネックが徐々に反っていくためです。

そのような調整も自分で時間をかけて行えば、ギターをベストな状態を常に保つ事ができます。

エレキギターを長年弾いている方で、工作好きの方なら、道具があればそれほど難しくはありません。完全に自分好みに調節できますので、チャレンジしてみてはいかがでしょうか/(^o^)\



以上、ぬむめでした。