ぬむめ ブログ

趣味の記録や雑記ブログ

天文学的確率で謎の現象が起き、人生最大のピンチに陥るノンフィクション的な話【オゲレツ変態注意】



あれは忘れもしない十数年前のいつだったかな、季節は不明。

仕事の関係上、何台か携帯を持っていた私は、携帯電話の解約をするため、ボーダーフォン(現AU?)のお店に行った。



ラッキーなことに、私と同じくらいの年の、可愛い店員さんだった。時間帯がよかったのか、他に店員さんの姿はなく、なんとかお近づきになれないかと私は思っていた。


私は、携帯電話の解約をしたい旨を伝えた。可愛い店員さんは解約の手続きを始め、パソコンを操作しながらこう言った。


店員「端末をお借りしてもよろしいでしょうか?」


そう店員さんい言われ、私はズボンのポケットから携帯を取り出し、店員さんと対面している真っ白い綺麗なテーブルの上に携帯を置いた。


そこで悲劇は起きた。


解約する携帯電話の数センチ横に、1本の『ちぢれた毛』があったのだ。


私が携帯を出す時、ポケットに紛れていた毛なのだろうか。それとも可愛い店員さんの物だろうか。頭の中を疑問が駆け巡る。あれは明らかに『陰毛』だ。


「おねーさん、陰毛落ちてるよ(・v・*」


なんて言えるわけがない。警察に通報される可能性がある。私が携帯を置いたすぐ横に陰毛があったわけだ、出所は私のポケットの中だろう。99%の確率で、私が発生源だ。

しかし、ポケットから携帯と一緒に『陰毛』が取り出されて、テーブルの上に川の字に並ぶ確率とは、いったいどのくらいなのだろうか。天文学的確率だ。


可愛い店員さんは、パソコンの画面を見たままで、まだ巨悪の根源を見ていない。


しかし、私が手で毛をはらことはできなかった。可愛い店員さんに『陰毛』がそこにあることを気が付かれてしまう可能性があるからだ。


ここは、なんとか「ふぅ~ふぅ~」と息で吹き飛ばすしかない。

私はこの絶望的状況を『ふぅ~ふぅ~作戦』で乗り切ろうと考えた。


しかし、現実は残酷だ。パソコンの操作を終えて、可愛い店員さんはこちらを向いた。


幸いなことに可愛い店員さんは、まだ『毛』の存在に気が付いていない。店員は私の目を見ながら、こう言った。


店員「解約とのことですが、差し支えなければ理由をお教えいただけないでしょうか」


なんとか気づかれる前に『ふぅ~ふぅ~作戦』を成功させなければならない。私は全ブレスを出力に切り替え、息を最大限に吐きながら


私「電波のつながり(ふぅ~)にくさとかは(ふぅ~)なかったですね(ふぅ~)」


私が『陰毛』を目線で追ってしまえばおしまいだ、気づかれてしまう。店員さんから視線を1ミリも離さず、息を全開で吐きながら質問に答えた。


質問に答え終わった瞬間、勝利の女神は私に微笑みかけた。

店員さんが私の返答結果をパソコンに入力するため、横を向いたのだ。


このチャンスを逃すわけにはいかない。私は大きく『ため息』をつくフリをして、


「ふぅ~~~~~~~~~~~~う」


やっと毛を吹き飛ばすことに成功した。『ふぅ~ふぅ~作戦』の大勝利だ。


しかし、運命とは皮肉なものだ。吹き飛んだ毛が、店員さんの膝の上に乗ってしまった。


無事解約手続きは終わり、私はお近づきになるべく、軽く世間話をしようと思った。だが、いくら可愛い店員さんとはいえ、彼女のヒザの上には得体のしれない『陰毛』があるのだ。

私は「なんか、この店員さんキモい」と思ってしまい、すぐに店をあとにした。


色んな意味で The End


終わりに


ピカチュウ(・v・*


以上、ぬむめでした。