ぬむめ ブログ

趣味の記録や雑記ブログ

Windowsで全角の文字数を数えるフリーソフトのテキストエディタは機能と信頼性でサクラエディタが最適・文字数カウントマクロの設定方法を説明



f:id:numume:20170607063740j:plain


ブログなどの記事を書く際に、SEOを意識した記事の場合は、文字数が気になるものです。マイクロソフトのワードは、標準機能で文字数カウントが出来ます。しかし、ワードは有料ソフトであり、使用しているパソコンによっては快適に動作しない場合があります。



フリーソフトのテキストエディタはプログラム容量も少なく動作が快適ですが、文字数カウント機能を売りにしているフリーソフトは広告が表示されたり、信頼性に欠けるソフトが多いのが現状です。また、ブラウザを使って文字数を数えるWebサイトを使うこともできますが、セキュリティ面を考えると不安です。

そこで、高性能でフリーソフトのサクラエディタで、文字数をカウントするマクロや設定方法を説明します。サクラエディタはWindowsのみ動作します。

Windowsのバージョンは、日本語版 Windows 2000/XP/Vista/7/8 です。私の使用しているPCはWindwos10Proですが、問題なく動作しております。


サクラエディタ インストール


sakura-editor.sourceforge.net


サクラエディタのWebサイトにアクセスし『インストーラパッケージダウンロード』をクリックし、サクラエディタをダウンロードします。


ダウンロードしたファイルをWクリックし、インストールします。


f:id:numume:20170607042856j:plain


設定を変更することなく、メッセージにしたがって『次へ』を選択し、インストール完了します。


サクラエディタ 初期設定


スタートメニューからサクラエディタを起動します。


そのままエディタとして使えますが、ファイルの保存先の設定をしておくと、管理が楽です。


メニューの【設定】から【共通設定】を選択します。

Ctrl+6 キー を押しても同様のメニューが表示されます。


タブメニューの【編集】を選択します。


f:id:numume:20170607044025j:plain


図のように、ファイルを保存するフォルダを設定しておけば、ファイル保存時に最初に表示されるフォルダになります。


私は万が一に備えて、Googleドライブにテキスト保存フォルダを作り、ファイルを保存しています。万が一パソコンが壊れた場合でも、ファイルがクラウドサービス上に残るので安心です。


メニューの【設定】に【文字カウント方式】という項目がありますが、全角カウントに対応していませんので、別の方法で文字数をカウントする設定を行います。


文字数カウントマクロの設定方法


文字数をカウントする為のマクロを制作し、登録する方法の説明です。


下記コードをすべてコピーし、サクラエディタに貼り付けします。

貼り付ける際に、関係のない文字があると正常に動作しませんので、何も記入されていない状態でコピーアンドペーストしてください。



// Count.js ひよこ枕
var CR = 0xd;
var LF = 0xa;

var oShell = new ActiveXObject("WScript.Shell");
var str,msg;
var c,prec=0;
var i;
var iSize  = 0;
var i1Byte = 0;
var i2Byte = 0;
var iCRLF  = 0;
var iCR    = 0;
var iLF    = 0;

str = Editor.GetSelectedString(0);
//選択文字のサイズ(半角1、全角2でカウント)、半角文字数、全角文字数、改行数をカウント
for(i = 0; i < str.length; ++i) {
        c = str.charCodeAt(i);
        //半角文字にあたるコードの場合、1バイトとしてカウント。
        if ( (c >= 0x0 && c <= 0x7d) || (c == 0xf8f0) || (c >= 0xff61 && c <= 0xff9f) || (c >= 0xf8f1 && c < 0xf8f4)) {
                //1Byte文字
                iSize  += 1;
                //改行コード解析
                if       (c == CR) {
                        iCR += 1;
                } else if (c == LF) {
                        //前の文字がCRだったら
                        if (prec == CR) {
                                iCR -= 1;        //CR数を戻して
                                iCRLF += 1;        //CRLF数をインクリメント
                        } else {
                                iLF += 1;
                        }
                } else {
                        i1Byte += 1;
                }
        } else {
                //2Byte文字
                iSize  += 2;
                i2Byte += 1;
        }
        prec = c;//CRLF検査用に保存
        //oShell.Popup("第" + i + "文字:" + c , 0 , "マクロ実行の確認",1);
}

//出力文字列作成
msg  = "";
msg += "サイズ :" + iSize + "バイト\n";
msg += "半角文字:" + i1Byte + "文字\n" ;
msg += "全角文字:" + i2Byte + "文字\n" ;
//改行数は0の場合出さないようにしておく
if (iCR   > 0) msg += "CR改行 :" + iCR    + "文字\n" ;
if (iLF   > 0) msg += "LF改行 :" + iLF    + "文字\n" ;
if (iCRLF > 0) msg += "CRLF改行:" + iCRLF  + "文字" ;
oShell.Popup(msg,0,"文字数カウント結果",0);


下の図のように、サクラエディタにコピーした内容を貼り付けします。記載漏れが無いように注意してください。


f:id:numume:20170607050914j:plain


コードをサクラエディタに貼り付けてましたら、サクラエディタのメニューから

【ファイル】を選択し、【名前を付けて保存】を選びます。

【ファイルの種類】を【すべてのファイル】を選択します。

【ファイル名】は拡張子が .js であればどのような物でもよいのですが、わかりやすく【count.js】とします。


f:id:numume:20170607052729j:plain


保存するフォルダは、サクラエディタ内のフォルダを選択すると、サクラエディタをアンインストールする時にファイルが残ってしまう場合があるため、邪魔にならない別の場所に保存してください。

マクロ編集する事があるのであれば、テキストフォルダの保存場所と同じでもよいでしょう。


【保存】をクリックし、マクロファイルを保存します。


保存したら、マクロファイルを【X】印か、メニューのファイルから閉じます。


メニューの【設定】から【共通設定】を選択します。

Ctrl+6 キー を押しても同様のメニューが表示されます。


f:id:numume:20170607054422j:plain


図のように設定します。


(1)設定タブの【マクロ】を選択します。

(2)先ほど作成したマクロファイルを保存したフォルダを【参照】から選択します。

(3)名前の箇所に【文字数カウント】と入力します(この名前は好きな物でもOKです)。

(4)マクロファイルを保存したフォルダが正しければ、【V】矢印をクリックすると、先ほど作成した【count.js】が表示されます。

(5)【count.js】を選択します。


f:id:numume:20170607055531j:plain


(6)IDは【 0 】を選択します。

(7)【設定】をクリックします。

(8)【OK】をクリックします。


以上で、マクロファイルの登録が終わりました。


文字数カウント方法


エディタに文字を入力するか、コピーアンドペーストで文章を貼り付けます。


f:id:numume:20170607060129j:plain


文字を数えたい箇所を選択します。すべて選択であれば CTRL+A 又は、メニューの編集から【すべて選択】を選びます。


f:id:numume:20170607060511j:plain


サクラエディタのメニューから、【ツール】を選び、【登録済みマクロ】を選択し、【文字数カウント】を選択します。


f:id:numume:20170607060923j:plain


f:id:numume:20170607061257j:plain


このように表示されます。


サイズ:ファイルのサイズ

半角文字数:半角入力されている文字の数

全角文字数:全角で入力されいてる文字の数

CRLF改行:改行されている数


【OK】をクリックすると表示が消えます。


文字数を調べている時に、下のような画像が表示されますが、文字数が表示されているウィンドの【OK】をクリックするとメッセージは消えます。


f:id:numume:20170607061700j:plain


終わりに


サクラエディタは、非常に高性能で軽量です。今回設定したマクロの他にも強力なマクロが公開されており、マクロを登録する設定画面でIDを変更すれば、今回と同様の方法で登録できます。

サクラエディタは、キーマクロをはじめ、さまざまな機能がありますので、興味のある方は調べてみてください。


マクロ参照アドレス http://www.geocities.jp/maru3128/sakura_bbs.html#M0800


以上、ぬむめでした。


numume.hatenablog.com