ぬむめ ブログ

趣味の記録や雑記ブログ

凄いアーティストがいる!と勧められて『岡崎体育』を昨日初めて聴いて知ったが『MUSIC VIDEO』も凄いけど新曲もスゲーなんでもっと早く教えてくれなかったんだよ的な話

ママちゃんが『すべてをわかっている凄いアーティストがいる』ので聴いてみてと言われた。ママちゃんが聴く音楽はハウス系で、私と趣味が合わない。でも聴かないと身の安全が保障されないので、『岡崎体育』をYoutubeで見てみることにした。



マジかよ/(^o^)\



マジでハンパないです。イイです。

3曲見させてもらいました。


もっと早く教えろよ\(^o^)/

3曲聴かさせてもらいましたが、書いてある文字数で私がどの曲が好きなのか判断してください。


MUSIC VIDEO



楽曲『MUSIC VIDEO』のミュージックビデオ、ややこしいな。

内容は「ミュージックビデオあるある」な歌詞で、映像と歌詞の融合が凄い。詳しく調べていないので詳細は不明だが、完全に計算されつくされた、それも低コストで世間を驚かせるインパクトがある作品だ。

オマージュ?

歌詞の内容なのだが「あるある」ストーリーが綺麗に曲の中に納まっている。

ほかのアーティストで、このような手法で綺麗に収まっているヒット曲がある。それはポルノグラフティーの『ミュージック・アワー』だ。「あるある」ではないのだが、ラジオDJ目線で作られた歌詞が斬新だ。ポカリスエットのCMソングだったのでサビの部分をご存知の方は多いだろう。



オマージュ?なのかリスペクトなのか、少なくともなんらかの影響を受けていると私は感じた。パクリとかそういう話ではない。両作品のようにストーリー仕立ての楽曲で、上手くまとまっているキャッチーなナンバーは意外と少ない。

K-POP入ってる?

サビ以降の展開がK-POPによくあるパターンになる。

これも「あるある」要素なら脱帽である(ある)。

私が残念に思うのは、謎の液体を地面にこぼす箇所が無駄に長いような気がする。スピード感があった展開が明らかに失速してしまっているので、あと100回聞いて岡崎氏のメッセージを受け取るつもりだ。

『Automatic』の再来

演奏に関しては、『ご家庭で作れる最大限のもの』レベルなのだが(MUSIC VIDEOの話)、オリジナリティと彼のセンスで、それがかえって味になっている。

宇多田ヒカルのデビュー曲もバックの演奏はお世辞にもクオリティが高くない(他の同時期のヒット曲と比べるとよくわかる)が、彼女の圧倒的な歌唱力と楽曲センスで、とんでもない化け物曲になっている。私は岡崎体育の『MUSIC VIDEO』にデビュー当時の宇多田ヒカルと同じものを感じた。作品に力があると、歌う人次第ですべてを凌駕するのだ。

「顔がかっこよくない」キャラクターを生かした戦略

バブル期に『岡村靖幸』というアーティストが活躍していた(今も活躍)。ウザイほどカッコつけるスタイルで、キモがられる中、そこが彼の魅力でカッコいいという謎の現象があった。楽曲が素晴らしく数々のアーティストに影響を与えた天才で、私も彼の大ファンだ。

岡崎体育は、お世辞にもイケメンとは言えない。中肉中背でいわゆる「残念な」タイプだ。だが不快感は無く、歌詞も下ネタを使っていない、ただ「笑い」を話題性にするだけではない正統派ではないかと思っている。

この二人の天才の関係は、ユーチューバーの「はじめしゃちょー」と「ヒカキン」に似た関係ではないだろうか?

「はじめしゃちょー」と「ヒカキン」二人の経歴や人物像については割愛するが、メジャーデビューが去年と言うこともあり、私は岡崎氏が「ヒカキン」が持つイメージとかぶって見える。「ヒカキン」と同じイケメンではない顔を武器にし、正統派だが遊び心満載の戦略性を感じた。インターネットのマイナスイメージを出さないクリーン戦略ではないだろうか。

岡崎氏には、下ネタや大人の事情に流されず、正統派の笑いの道を進んでほしい。


Natural Lips



こちらは日本語を英語のように歌う。楽曲では新しいスタイルではないだろうか。岡崎氏のセンスが光る作品だ。

名前は忘れたが、テレビで女性芸人が日本語を英語っぽく話すネタを見た事がある。今後のトレンドになるかもしれない。

次回作も何か新しいネタを期待されまくっちゃうと思うので、がんばってください。


最後に

岡崎氏はセンスがあり、尚且つ非常に頭の良い人なのだろう。私が思うに、すべて【いいとこ取り】なのだ。それが上手くまとまって彼の魅力がプラスアルファになっている。そして仲間にも恵まれているのだろう。ここ数年でこんな魅力的なアーティストは見た事が無い。もっと詳しく書きたいが、百億万字くらいになりそうなので、この辺で止めておきます。


一年前から人気だったから、知ってる人には「今更かよw」かもしれません。

もし私の様に聞いてない人がいましたら、ぜひチャレンジしてみてください。


以上、ぬむめでした。


numume.hatenablog.com