読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぬむめ ブログ

趣味の記録や雑記ブログ

はちゅねミクギターが出来るまで【その8】との粉を塗って導管を埋めるはずだった


はちゅねミクギターの制作過程を解説します。その8です。

初音ミクではありません。


前回の記事

numume.hatenablog.com


完成している物の記事

numume.hatenablog.com


f:id:numume:20170501003825j:plain


との粉初めて使う


このギターを塗装するにあたって、どうしても使いたかったのが、


との粉


f:id:numume:20170509063553j:plain


木の導管(小さな溝)を埋める粉なんですが、岩石で出来ているんですね。木と石って合わなそうですが、発見した人は凄いですね。砥の粉は今回、人生で初の使用です。



ギターに限らず塗装する時、塗料は水性ウレタンを使っているのですが、漆(うるし)シリーズも使ってみたかったので今回投入してます。


f:id:numume:20170509064157j:plain


計量カップにとの粉を入れて、水を入れてマゼマゼします。


f:id:numume:20170509064335j:plain


このドロドロの液体を塗っていくわけですね、ふむふむ。


f:id:numume:20170509064440j:plain


ボディにヌリヌリしていきます。との粉は黄色タイプを使ってます。


f:id:numume:20170509064657j:plain


刷毛と布で導管に埋め込むように塗っていきます。


f:id:numume:20170509064821j:plain


石ミクになり、地属性になりました。


f:id:numume:20170509065013j:plain


ボディ裏も同様に塗っていきます。


f:id:numume:20170509065406j:plain


余分なとの粉を落とした状態です。水分が取れるまで乾燥させます。


f:id:numume:20170509065702j:plain


ボディ裏はこんな感じです。


終わりに


砥の粉は日本の伝統技術みたいで、調べるてみると面白い技術なんですよね。DIYする時は大体2x4系の木材なので、砥の粉とは縁がありませんでした。

そしてやっと砥の粉を使うことができたのですが、

悲劇が起きたよ/(^o^)\


次回へ続く


以上、ぬむめでした。


次の記事

numume.hatenablog.com